バッティングのタイミングの合わせ方って?

バッティングにおいて非常に重要なものがあります。
それが、タイミングの合わせ方です。

バッティングのタイミングの合わせ方のコツがあるんですよ。
ここではそのコツを紹介します。

そのコツとは、次の3つが挙げられます。

スポンサーリンク

・ボールを呼び込む
・1、2、の、3で打つ
・ピッチャーが軸足を曲げた時にテイクバックを開始する

まず、大事なのはコレです。
そう、ボールをしっかりと呼び込むことです。

あなたが自分から打ちに行くと、上体が前に行ってしまいます(T_T)
これでは、タイミングが合いません。

そのため、ボールが来るのを待つようにしましょうね。

そして、1、2、の、3というタイミングで打つというのも大切です。
これは、タイミングを合わせるためには重要なんですよ。

1、2、3では変化球に対応することができません(T_T)
ですが、「の」を入れることによって対応することが可能です(^^)

ちなみに、1で構え、2でテイクバックして、3でスイングです。

それに、ピッチャーが軸足を曲げた時にテイクバックを開始するのです。
これも、タイミングを合わせるコツの1つになります。

テイクバックを開始するタイミングをピッチャーに合わせましょう。
そうすることで、タイミングが非常に取りやすくなるでしょう(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バッティングにコツってあるの?

バッティングには、コツというものがあるんですよ。
このコツを掴むことによって、飛躍的にバッティングが上手くなりますよ。

バッティングのコツは、コレです。

・ボール球を振らない
・インコースはミートポイントを前にする
・アウトコースはミートポイントを後ろにする
・肩を開かない

まず、バッティングで大事なことはコレです。
そう、ボール球を振らないことです。

ボール球に手を出してしまうとどうなりますか?
答えは、アウトになる確率が高くなりますよ。

そのため、選球眼を鍛えましょう。
これも、バッティングのコツの1つです。

また、インコースが苦手という人も多いと思います。
このような方は、肘をたたみ、ミートポイントを前にしましょう。
こうすることによって、打てるようになるはずです(^^)

肘をたたまないと、良い当たりでもファールになってしまます。
ご注意してくださいね。

そして、アウトコースはインコースとは逆に、ミートポイントを後ろにしてください。

そうすると、腕が伸びきらずに打てます。
こうなると、強い打球になります。

それに、肩が開いてしまうと、打球が弱くなってしまいます。
そのため、肩を開かないように意識してくださいね。

スポンサーリンク