外貨投資信託って?

外貨投資信託とはなんなのでしょうか?
それは、外国の法律に基づいて運用される海外国籍の投資信託のことなんです。

外貨投資信託には、国内投資信託よりも自由度が高いです。
こういった特徴が外貨投資信託にはあります。

投資対象は、国債や株式、公社債など、様々なんですよ。

例えば、外貨投資信託の1つである「外貨建MMF」の場合をみていきましょう。
ここは、10ドルから購入可能となっています。

なので、初めて投資を行う方でも安心して始められますよ(^^)

日本では、ルクセンブルクやアイルランド、米国籍のファンドが多いですね。
それには理由があります。

それは、これらの国は投資をする際の税金が低くなっているからです。

また、外貨投資信託は、大きく分けると次の3つに分類できますよ。

・株式型ファンド
・債券型ファンド
・その他

それぞれ見て行きましょう。
株式型ファンドは、世界の株式が投資対象のグローバル型と特定の地域の株式が投資対象の地域別型がありますよ。

そして、債券型ファンドには、確定利付証券のみで運用する通常型と派生商品で運用する派生商品型、月末に再投資するMMF型が
存在します。

その他とは、不動産で運用されるものなどの投資信託です。

外貨投資信託を始める場合は、投資対象が何か、どのくらいの損失が出る可能性があるのか、税金はいくらかかるのかなどは学んだほうが良いです。

スポンサーリンク

これらのことを、最低限学んでから始めましょうね。

スポンサーリンク

外貨投資のセミナーには行った方がいい?

外貨投資のセミナーが日本全国で開催されています。
これらのセミナーには、儲けるためにも参加した方が良いのでしょうか?

結論からいうと、参加した方が良いですね。
ただし、参加するなら実績があり、信用できる方のセミナーにです。
これに限りますよ。

専門家の考えを聞くことによって、外貨投資に関する考え方が大きく変わります。
そうして、成功することがあるのです。

あなた一人では気付かなかったことに気付けるチャンスでもありますよ。
なので、積極的に参加した方が良いですね。

しかし、中には勉強にならないセミナーも…..(T_T)(T_T)

高額な費用を支払ったのにも関わらず、全く役に立たない話をされる可能性もあります。
その点は、注意しておいてくださいね。

いい講師に恵まれればセミナー費用を安く感じることができます。
ですが、そういった人たちばかりではないのが現状です。

お金の無駄になってしまうリスクがあります。
また、間違った知識を教えられて失敗する可能性もありますよ。

そのため、もし、セミナーに参加するのであれば、その講師が本当に信用できる人なのかどうかを確認しましょうね。

これまでの実績やセミナーの口コミなどを参考にしてください。
そうすると、ある程度信用できるかどうかを判断できると思いますよ(^^)

スポンサーリンク