交通事故に遭った際に、加害者が無保険だった場合は大変です。
その場合は、どうなるのでしょう?

まず、ここで大事になってくるのことがあります。
それが、自賠責保険に加入しているかどうかです。

自賠責保険は、運転者であれば誰でも入らないといけない保険です。
なので、加入しているのが当たり前なのです。

スポンサーリンク

万一、加入していない場合には、厳しい罰則を受けます。
ですが任意保険に加入していない場合だと、自賠責保険しか適用されません。

そうなると、受け取り金額が少なくなります(T_T)

何故なら自賠責保険の怪我における支払限度額は120万円だからです。
ですから、怪我の治療費が高額になってそれを超えた場合には加害者に直接請求しなければいけません。

スポンサーリンク

もし、自賠責保険にも未加入の場合、加害者から補償を受けるのは非常に難しいのが現状です。

その場合は、国が加害者に代わって、補償を行ってくれます。
ただ、国が補償するとなると大変です。

それは、本来は自賠責保険で適用対象となるものが対象外になってしまうケースもあるからです。
このように、加害者が任意保険にも自賠責保険にも加入していなくても、最終的には国が補填してくれます。
ですが、金額は少なくなってしまうのが現状です。

それが嫌なら、加害者が無保険の場合も対応してくれる任意保険に入るしかありませんよ。

スポンサーリンク