生命保険にはどんな種類がある?

生命保険は、いくつかの種類に分けることが出来ます。
それはこのように大きく3つに分けることができるのですよ。

・定期保険
・養老保険
・終身保険

定期保険は掛け捨てです。
なので、満期を迎えてもお金は戻ってきませんよ(T_T)

スポンサーリンク

しかし、高額保障を受けることが可能です。
このようなメリットが定期保険にはあります。

また、満期の間までに死亡した場合は死亡保険金を受け取り可能ですよ。

そのため、定期保険には貯蓄性はありません。
ですが、保障性は非常に高い保険が定期保険なのです。

養老保険とは、年々お金が貯まっていきます。
満期までの間に死亡した場合は死亡保険金を受け取ることが可能です。

また、満期まで生存していた場合は満期保険金も受け取れますよ。

ただし、欠点もあります。
それは、保障性は高いとはいえないことです(T_T)

ただ養老保険は、貯蓄性は高い保険ですよ。

最後は終身保険です。
この終身保険は、死亡するまでずっと保険が継続されますよ。

死亡した場合には保険金を受け取ることが可能です。
また、解約時にはお金が戻ってくるでしょう。

つまり、保障性と貯蓄性を兼ね備えた保険なんですね。

このように、それぞれ特徴が異なります。
ですから、あなた自身に合った保険を選択するようにしてくださいね(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

生命保険の選び方は?

生命保険の選び方があります。
その選び方とはこれらですよ(^^)

・生命保険の種類を決める
・保障金額を決める
・保険期間を決める
・保険料を決める

まず、生命保険の種類を決めましょう。
種類とは定期型や終身型があります。

なので、それぞれの特徴を知りましょう。
それであなたに合った保険を選んでくださいね。

定期型は、保険料が安いです。
その代わりに貯蓄性はありませんよ。

一方、終身型は、保険料が高いです。
その代わりに貯蓄性もあります。

また、どのくらいの保障金額が必要なのかも、生命保険を選ぶ時に大切なんです。
保険は独身なのか?それとも、家族がいるのか?によって変わってきます。

家庭持ちと独身では、必要な保障金額は異なりますよね。
何故なら家族が多い場合は、それだけ保障金額を多くしないといけません。

また、いつまで保険が必要なのかも重要です。
これも、しっかりと考えるようにしてください。

保険期間が短すぎるのはリスクが高いですよ。
また、長すぎると保険料を無駄に支払うことになります(T_T)

そして、保険料によって生活を圧迫してしまうケースも多いんです。
なので、無理のない保険料を支払うようにしましょうね

以上のことを踏まえて、複数の生命保険会社に見積もりをもらいましょう。
そうして、保険料を比較してみてくださいね。

スポンサーリンク