自律神経失調症ってどんな病気なの?

自律神経失調症とはどのような病気なのでしょうか??
それは、自律神経のバランスが乱れることによって起こる身体症状のことを自立神経失調症といいます。

主な原因は、生活習慣の乱れやストレス、環境の変化などが考えられます。

また、女性ホルモンの影響も大きく関係しています。
そのため、女性がなりやすい病気の一つなんですよ。

自律神経失調症の身体症状として代表的なのがこれらです
頭痛、耳鳴り、口の渇き、疲れ目、動悸、冷え、のぼせ、息切れ、吐き気、下痢、手足のしびれ、性欲減退、倦怠感、不眠などなど。

どれもつらい症状です(T_T)
ただこの他にも、様々な身体症状が現われます。

しかも症状は身体だけではありません。
精神症状が現れることも少なくありません。

精神症状としては、このような症状があります。
不安や恐怖心、イライラ、集中力低下、注意力低下、やる気の低下などです。

このような症状が現われた場合は、自律神経失調症の可能性を考えましょう(T_T)
この自律神経失調症を予防するためには、規則正しい生活をするしかありません。

それが一番効果的ですね。

ストレスをなるべく溜めず、睡眠時間を十分に確保しましょう。
そして、バランスの良い食事をとることで自立神経失調症の発症リスクを抑えることができますよ(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貧血ってどんな病気なの?

貧血とは、どんな病気なのでしょうか??
それは血液の中に含まれている「ヘモグロビン」が減少している状態のことなんです。

このヘモグロビンが減少することによって、どのような症状が起こるかというと下記のような
症状が発生します。

・めまい
・動悸
・息切れ
・疲れやすい
・頭痛
・耳鳴り
・顔色が悪くなる
・立ちくらみ

これらの症状が現われた場合、貧血の可能性を考えましょう。

でも、何が原因で貧血が起きてしまうのでしょうか?
あなたはご存知ですか??

それは、過度なダイエットを行うことによって、鉄や脂肪、糖質などが足りなくなります。
それで、貧血を起こす場合がありますね。

ダイエットをしていなくても、栄養バランスの悪い食生活を送っていても同様です。
この場合にも、貧血になってしまうことがあります。

それに、貧血は女性に多い病気の一つです。
これは有名な話ですよね。

あなたも聞いたことがあることでしょう。
それは、女性の場合は月経があるので、その際に出血量が多いと、貧血になる可能性が男性よりも高いからです。

貧血を予防するためには、栄養バランスの良い食事を心がけるしかありません。

特にタンパク質と鉄分が大切です。
これらが不足してしまうと貧血になりやすいのです。

貧血は、この2つの栄養素は意識して摂取するようにしましょうね。

スポンサーリンク