関節リウマチってどんな病気なの?

関節リウマチとはなんなのでしょう?
それは、関節に炎症が起こり、痛みを感じる病気のことなんです。

悪化してしまうと大変です。
そうなると手足の関節が変形してしまったりします。
また、血管炎、貧血といった症状も現われるでしょう。

早期発見し、早期治療を行いましょう。
こうすることで、症状の悪化を防げます。

一度発症すると最低でも3年くらい、ほとんどの患者さんは一生涯付き合うことになります。
ですから、できるだけ早く治療を開始しましょう。

また、この関節リウマチは女性ホルモンと大きく関係しています。
なので、女性に多く発症します。

関節リウマチになると、このような初期症状が現われます。

・熱っぽい
・食欲不振
・体がだるい
・関節のこわばり

このような初期症状が現われるので、気になる場合は病院で検査してもらいましょう。

治療を行わずそのまま放置してしまうといけません。
そうすると、小さな関節に痛みを感じるようになり、やがてその痛みが全身に転移します。

これは、全身に炎症が回ってしまうためなんです。

特に、膝関節や肘関節、股関節などがリウマチになりやすいそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バセドウ病ってどんな病気なの?

バセドウ病は女性の発症率が高い病気として有名ですが、一体どのような病気なのでしょうか?

バセドウ病とは、どんな病気なのでしょうか??
それは甲状腺ホルモンの過剰分泌によって引き起こされる病気のことなんです。

この病気は、20代~30代の女性が発症するケースが多いですね。
パセドウ病は遺伝が大きく関係しているといわれております。

ですから、ストレスを受けることによって発症率が高くなりますよ。

バセドウ病の主な症状は、コレです。

・多汗
・疲労感
・動悸
・手の震え
・体重減少
・眼球突出
・眼瞼後退

バセドウ病になると汗を多くかくようになったりします。
また、疲れやすくなったり、動悸や手の震えを感じるようになります。

それに、食事をしているのにも関わらず、体重が減少する場合も….。

あとは、眼球突出や眼瞼後退もバセドウ病の代表的な症状なんです。

バセドウ病になると自力では治すことぱ不可能です。
ですから、早めに医師の診断を受けましょう。

そうして、適切な治療を受けるようにしてくださいね。

主に薬物療法が行われます。
ですが、症状が更年期障害に似ていることから誤診されることもあります。

もしあなたが、薬物療法を続けても症状が改善されない場合には、セカンドオピニオンを求めましょう。

スポンサーリンク