正しい水分補給の仕方って?

水分補給の仕方を誤ってしまうと大変です。
そんなことをしては、逆に体に悪影響を及ぼす危険がありますよ。

そのため、正しい水分補給の仕方を知っておきましょうね。

正しく水分補給するためには、これです。

スポンサーリンク

・寝起き、就寝時、入浴前後、運動前後には、必ず水分を補給する
・一度に大量の水分を摂取しない(1200mlを8回に分ける)
・喉が渇いたと思う前に飲む
・ミネラルウォーターがおすすめ(スポーツ後はスポーツドリンク)

まず、寝起き、就寝時、入浴前後、運動前後には、必ず水分を補給することです。
これは重要です。

就寝中や入浴中、運動中には汗をかいています。
そのため、大量に水分を排出している状態なのです。

脱水症状を防ぐためにも、その前後はきちんと水分を摂りましょうね(^^)

それに、一度に大量の水分を摂取してはいけません。
だいたい、1200mlを8回くらいに分けて飲みましょう。

そのほうが効果的です。

また、一般的に、喉が渇いたと思った時に水を飲みます。
ですが、それでは遅すぎます。

喉が渇く前に、こまめに飲むようにしてくださいね。

喉の渇きを感じるというのは、既に水分不足の状態なんです。

水分補給に適しているのは、ミネラルも一緒に摂取できるミネラルウォーターですよ。

ただし、スポーツ後は水分と一緒に塩分も汗と一緒に排出されます。
ですからスポーツ後は、ミネラルウォーターよりもスポーツドリンクの方が良いでしょう。

これらが正しい水分補給の仕方です。
覚えておいてくださいね(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジュースやお茶は水の代わりにならない?

水分補給は大事だといわれています。
だからといって、どんな飲み物でも良いという訳ではありませんよ。
実はジュースやお茶は水の代わりにはなりません。

これらは、水分補給には適さないのです。

では、どうしてジュースやお茶では駄目なのでしょうか?
あなたはわかりますか?

まず、ジュースには、大量の糖分が含まれていますよね。
そのため、ジュースを水の代わりに大量に飲んでしまうと大変です。

そんなことをしては、糖分の過剰摂取になってしまうのです。

そうすると、膵臓の機能が乱れます。
そして、インスリンの分泌に異常が生じます。

それにより、低血糖状態になりますよ。

低血糖状態になると、頭がボーっとして集中力が低下します。
また、力が入らなくなってしまうでしょう。

適度な量であれば問題ありません。
ですが、大量に摂取するとこういった症状が出てしまいます。
なので、注意してくださいね。

また、お茶は基本的には体に良いのです。
ですが、それは不純物が含まれていないというのが条件です。

市販されているお茶には、防腐剤や添加物が含まれていることが多いのです。
そのため、大量に飲むのはあまり体に良くありません。

もし、お茶で水分補給したいのであれば、茶葉から抽出したものを飲みましょう。

ただし、お茶にはカフェインが含まれています。
なので、たくさん飲むとカフェインの過剰摂取になる恐れがありますよ(T_T)

スポンサーリンク