視力回復手術ってレーシック以外にもあるの?

視力回復手術というとレーシックが有名です。
ですが、その他にも視力回復手術はあるですよ(^^)
あなたは知っていましたか?

そのレーシック以外の視力回復手術としては、次の3つです。
これらが代表的です。

・レーザー屈折矯正角膜切除術(PRK)
・フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)
・角膜実質内リング挿入法(ICRS)

スポンサーリンク

それぞれ見て行きましょう。
まずは、レーザー屈折矯正角膜切除術(PRK)です。
レーザー屈折矯正角膜切除術とは、レーザーで角膜表面を削ります。
そうして、視力を回復させるという手術のことをいいます。

目の状態によってレーシックを受けることができない人がいるのです。
そういった人がこの手術を受けるというケースが多いそうですよ。

ただし、レーシックに比べて目に違和感を感じたりします。
また、回復までに時間がかかります。

これらがレーザー屈折矯正角膜切除術の問題点です。

次はフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)です。
このフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)は、目に特殊なレンズを移植します。
そうして視力を回復させる永久コンタクトレンズとも呼ばれている手術方法なのです。

このフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)には角膜と虹彩の間にある前房にレンズを移植する前房型フェイキックIOLと虹彩と水晶体の間にある後房に移植する後房型フェイキックIOLがあります。

これらは、使われるレンズが異なるのです。

強い近視だけでなく、遠視や乱視も改善可能です。
また、レンズを摘出したり、交換することもできますよ(^^)

角膜実質内リング挿入法とは、角膜にリングを入れます。
そうすることで、視力を回復させるというものです。

スポンサーリンク

フェイキックIOLのレンズと同様に、挿入したリングを取り外せば、視力は以前の状態に戻りますよ。

角膜実質内リング挿入法は、レーシック後の微調整に使用されます。
これからがレーシック以外の視力回復手術です(^^)

スポンサーリンク

視力が回復するツボってあるの?

人間の体にはツボというものがあります。
そこを刺激することによって、様々な症状の改善に効果が期待できます(^^)

では、視力を回復させるツボというのはあるとあなたは思いますか?
結論からいうと、視力を回復させるツボはありますよ。

ただ、効果があるのは眼精疲労や目の疲れによる視力低下ですね。

ツボを刺激することで目の酷使で凝固まった目周辺の筋肉をほぐします。
それで、視力を戻すことが可能なのです。

視力回復に効果があるといわれているツボはこれらです。

・天応
・太陽
・四白

天応とは、まゆ頭から3ミリほど下の眼窩の内側の少しへこんだところにあります。
このツボのことです。

両手の親指の腹を使って、左右のツボを軽く刺激しましょう。
そうすると、ドライアイや疲れ目を改善できますよ。

それで、視力回復効果が得られるでしょう。

このツボは、1秒に1回くらいのペースで押してください。

また、太陽はこめかみにあるツボも有効です。
ここを刺激することによって、近視や遠視を改善する効果が期待できますよ。

あとは、黒目から2センチ程度下にある四白です。
このツボも、押すと循環が良くなります。

それで、疲れ目が改善して視力回復に効果的です。

ツボを刺激する場合、過度に力を入れてはいけませんよ。
これがポイントになります。

ですから、優しくゆっくりとツボを押すようにしてくださいね。

スポンサーリンク