今日は腹筋の筋トレ中心に話題を話していきます。

では手始めに腹筋の筋トレにいってみましょう。
腹筋のトレーニングは代表的な3つをご紹介。

それがこの3つです。

スポンサーリンク

1.クランチ
2.レッグソラスト
3.Vシット

特に目新しくはないのですが( ̄Д ̄;;
まあどれも目新しいものではないのであなたはすでに知ってたらごめんなさい。

けどまあとりあえず説明していきましょう。

まずはクランチです。
これはとても有名ですね。
一般的によく知られている腹筋運動ですよね。
いや腹筋運動の代表といえるでしょう。

ではそのやり方の説明です。
まず、仰向けにます。
次に手を頭の下に置きましょう。

ここまでは大丈夫ですね。

それから、両足を上げて、膝を90度に曲げましょう。

ここから、おへそを見るようにしてお腹を丸めるのです。
こうやって頭を上げて、上半身を起こします。

この運動をエンドレスで行います。

ではここでクランチの注意点をお話しましょう。
それは

上半身を起こした際は息を吐く。
その状態を数秒キープ。

運動されてない方はここがちょっとつらいかも。
このクランチのセット回数は目安として10回×3セット。

頑張ってやってください。

スポンサーリンク

それでは次に2のレッグソラストの紹介に移ります。

まずは、仰向けの状態になります。
それから、両足をあげます。

この時、両膝を引っ付けましょう。
それで膝を少しだけ曲げるのです。

この状態から、お尻を持ち上げるのです。
この状態を、数秒間保ちます。

この数秒間がツライのです。
けどここま我慢です。
でないと筋肉はつきません。

このレッグソラストの回数も10回×3セット行いましょう。

そしていよいよオオトリです。
3番目ののVシットのご紹介です。

まず仰向けになって両手を顔の横にまっすぐ伸ばします。
それで足もまっすぐ伸ばしたまま、40度ほどの所まで上げます。

両手と両つま先を引き合わせるように両足を上げるのです。
やることは簡単でしょう。

これを1日に数回行ってください。
回数は出来る範囲で結構です。

このVシットは、一見簡単そうです。
けど、かなりキツイ筋トレですよ。

ワタシなんか調子に乗ってやりすぎて筋肉痛になっちゃいました。

ワタシのように普段運動していない人には辛い運動ですね。
腹筋が弱い方などはできない人もいるかもしれません。

けれどもやり続ければ出来るようになるので継続してトレーニングをおこないましょう。

そしてワタシと一緒にシックスパックを手に入れましょうよ^^;

スポンサーリンク