若年性更年期障害というものがあります。
それは、20代や30代に発症する更年期障害

なのです。

更年期障害が発症すのは40代半ば~50代半ばです。
この位の年代にかけて多く発症するのが一般的です。

スポンサーリンク

ですが、20代や30代といった若年層で更年期障害になる場合もあります。
これが若年性更年期障害なのです。

もし、20代・30代の方がこのような症状がある場合は注意が必要です。
それは生理不順、ほてり、頭痛、耳鳴り、うつ症状、手足の冷えといった症状です

このような症状の場合は、若年性更年期障害の可能性があります。
ですから、早めに医師に相談することをオススメします。

では若年性更年期障害の原因はなんなのでしょうか?
若年性更年期障害の大きな原因は、ホルモンバランスの乱れというのが定説です。

このホルモンバランスが乱れる要因は色々あります。
それはこのようなものです。

スポンサーリンク

・ダイエット
・ストレス
・喫煙
・激しい運動

過度なダイエットを行うとホルモンバランスが大幅に乱れてしまいます。
その結果、若年性更年期障害になってしまいます。
ですので過激なダイエットなどは決して行わないようにしてくださいね。

現在は女性の社会進出がめざましいです。
それに伴い、一昔前よりもストレスを受けやすい環境になりました。
女性にとっても大変な世の中になっているようですね。

そのような過度なストレスもいけません。
これが、若年性更年期障害になる原因のひとつと考えられます。

また最近は女性の喫煙率が高くなっています。
それだけストレスを感じているからなのでしょうが
喫煙はホルモンの分泌に悪影響を与えます。

ですから女性の喫煙はあまりオススメできません。

また、激しい運動もダメですよ。
これが原因で、強いストレスを感じます。
その結果、それが更年期障害になる若者もいます。

ですから更年期障害は中年だけが発症するわけではないということを
覚えておいてください。

スポンサーリンク