頻尿が女性に多いのはなぜなの?

頻尿は女性に多いといわれています。
ですが、一体何故なのでしょうか?

女性に多い理由はコレです。

・尿道が短い
・便秘
・ストレス
・更年期障害
・筋肉量の少なさ

スポンサーリンク

女性に頻尿が多い理由として一番大きいものがあります。
それが、尿道の短さです。

男性と比較すると、女性の尿道の長さは4分の1と圧倒的に短いのです。
そのため、尿が出やすいつくりになっています。

そのため、ちょっとしたことで尿が出てしまいます。

また、尿道に細菌が入りやすいです。
それで、膀胱炎になる可能性が高いですね。

これが、女性に頻尿が多い理由なんですよ。

それに、女性は便秘になりやすいです。
そのため、便が膀胱を圧迫してしまいます。

これで、尿意を感じやすくなります。

さらに、若い女性の中には、過度なストレスを感じることで頻尿になることも….(T_T)
そして、更年期障害になると、エストロゲンが減少します。

これにより、膀胱などが萎縮してしまいます。
その結果、頻尿になるのです。

こういったケースも多いのです。

それから、女性は男性よりも筋肉量が少ないです。
そのせいで、骨盤底筋という排尿をコントロールする働きを持つ筋肉が弱いのです。
これも、女性に頻尿が多い理由の一つですね。

このように、女性が頻尿になりやすい理由はたくさんあるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

頻尿にはどんな薬が処方されるの?

頻尿には、この3つの薬が処方されるケースが多いです。

・抗コリン薬
・抗生物質
・膀胱平滑筋弛緩薬

それぞれ詳しく解説していきますます。
抗コリン薬とは、どのような作用があるかというと膀胱の収縮を抑制する作用がある薬のことです。

膀胱の収縮が通常よりも激しいために頻繁に尿意を感じます。
なので、それを防止するために抗コリン薬が使われるのです。

ただし、この薬には副作用があります。
それは口の渇きや視界のぼやけ、尿失禁の悪化といった症状が現われることも…..(T_T)
この可能性があることは覚えておきましょうね。

次に抗生物質です。
抗生物質は、膀胱炎による頻尿の際に使用されます。

膀胱炎が原因の頻尿の場合、元となる膀胱炎を治さないいけません。
そうしないと頻尿を改善することは不可能です。

そのため、抗生物質を服用します。
それで、膀胱炎を治療するのです。

最後は膀胱平滑筋弛緩薬です。
この薬には、膀胱の筋肉を緩めて尿の量を増加させる作用があるのです。

この薬は、膀胱の容量が減少している時に使われますよ。

頻尿になると、通常はこれらの薬が医師から処方されます。
中には市販の薬を服用することで頻尿が改善する人もいます。

ですが市販の薬では、改善しない人も珍しくはありません。

早く症状を改善したい場合は、医師に薬を処方してもらいましょう。
その方が確実です。

スポンサーリンク