肝臓が口臭の原因になる?

しっかりと歯を磨いているのにも関わらず口臭がするという人は問題です。
その口臭の原因は、肝臓かもしれませんよ(T_T)

肝臓の機能が低下してしまうと口臭が酷くなります。
このことはあまり知られていませんが….(T_T)

その理由は肝臓の機能が正常だと食べた物のニオイ成分は上手く分解されます。
なので、体外に排出されることはありません。

スポンサーリンク

しかし、肝臓の機能が低下するとそのニオイ成分が上手く分解さません。
それで、血液の中に入り込んでしまいます。

そして、その血液が肺にまで達することで…..(T_T)
それが、口臭として体外に排出されるのです。

では、どうすれば肝臓の機能を改善させることができるのでしょう?

肝臓の機能を改善するには、以下のようなことに注意しないといけません。

・お酒の量を減らす
・栄養バランスのいい食事を心がける
・十分な睡眠時間を確保する

まず、お酒の量が多い人はまずはお酒を減らすようにしてください。
何故ならお酒の摂取量が多いと、肝臓に大きな負担をかけるからです。

それに、偏った食生活は肝臓の機能を低下させる原因になります。
なので、栄養バランスのいい食事を心がけてくださいね。

また、十分な睡眠時間を確保しましょう。
そうすることで、肝臓の機能を改善できるます(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

風邪と口臭の関係とは?

風邪と口臭は一見、関係が無いように感じます。
ですが、実は深い関係があるのですよ。
あなたはご存知でしょうか?

風邪をひくと体はもちろん、口内の免疫力も低下するのです。
そうすると、唾液の分泌量が低下します。
それで、口内の細菌が増加するです。

これが原因で、口臭が酷くなります。

また、風邪薬に含まれている成分にも唾液の分泌量を低下させる作用があります。
また、発熱することによっても唾液の分泌量が減少するでしょう。

このように、風邪をひくと様々な原因で唾液の分泌量が減少してしまいます。
それで、口臭が強くなるという訳です。

口臭を強くしないためにも風邪をひかないというのが一番です。
ですが、いくら気をつけてもひいてしまう場合もあります。

その時は、早めに風邪を治すことを最優先しましょう。
なのて、ゆっくりと体を休めるようにしましょうね。

もし、風邪をひいた時の口臭が酷いという場合は、唾液の分泌量を増やすためにもマスクをしましょう。
あとは、果物を食べて、ビタミンと水分を補給するのも良い手ですよ(^^)

それに、こまめにうがいしたり、水分を摂るようにしましょう。
それで、口の中が乾燥しないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク