蓄膿症ってどんな症状?

蓄膿症という言葉をよく耳にすると思いますが、具体的にどのような症状なのでしょうか?

蓄膿症とはどんな症状なのでしょうか?
それは、鼻腔が炎症を起こしたことにより、副鼻腔に膿が溜まってしまった状態のことを蓄膿症といいます。

鼻腔が炎症を起こす主な原因はこれです。
そう、ウイルスや細菌などによる感染なんですよ。

スポンサーリンク

通常の場合、ウイルスや細菌が鼻に侵入してきても問題ないのです。
ですが、鼻の粘膜が弱まっている状態だといけません。

このような状態だと鼻腔が炎症を起こしてしまう可能性が高くなるのです(T_T)

蓄膿症になると、以下のような症状が現われます。

・鼻水や鼻づまり
・鼻から嫌な臭いがする
・嗅覚障害
・口臭

蓄膿症になると、まず鼻水や鼻づまりといった症状がみられます。

また、鼻に膿が溜まっている状態です。
なので、嫌な臭いを感じるケースも多いですね。

そして、症状が酷いと、味覚障害や口臭を発生させる場合も…..(T_T)

蓄膿症を発症すると、このような症状が出でます。
もし、鼻に異常を感じた場合は念のために病院に行きましょう。

そうして、医師に相談されることをオススメします。

早めに治療を行えば、それだけ早く改善可能ですよ(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

蓄膿症の治療方法とは?

蓄膿症に使用される治療方法はこれらがあります。

・手術療法
・局所療法
・薬物療法

手術療法は、その名の通りです。
そう、手術によって蓄膿症を改善するのです。

ただし、蓄膿症には絶対に手術が必要という訳ではありません。
手術は、症状が重度の場合は手術を勧められることも多いようです。

どんな手術かというと主に、鼻茸を切除したり、鼻中隔彎曲症の改善などを行うそうですよ。

局所療法は、吸入器や穿刺器具といった医療器具を使用します。
それにより、蓄膿症の改善を目指す治療方法なんです。

薬物療法では、薬を服用して症状を和らげます。

蓄膿症には、この3つの治療方法が使用されますよ。
これらが蓄膿症の治療法のほとんどです。

どの方法で治療をするのかは医師が決定します。
そのため、基本的には患者が自由に選ぶことはできません(T_T)

薬物療法を行う場合は、薬の副作用を正しく理解しましょう。
そうして、医師から指示された用量や用法を守るようにしてくださいね。

もし、副作用が強く出たり、薬の効果が実感できない時には、すぐに医師に相談しましょう。

また、手術を勧められた場合、どのようなリスクがあるのかをあなたがきちんと理解してから決めましょうね。

スポンサーリンク