妊娠中は便秘茶を飲んではいけない?

便秘を解消したい人に愛飲されているものがあります。
それは便秘茶です。

ですがこれ、妊娠中の女性は飲んではいけないのでしょうか?
その答えは、飲まない方が良いです。

便秘茶の注意事項を見てみると、妊娠中は飲まない方が良いと書いているケースが多いからです。
それは、妊娠中に飲んでしまうと、子宮収縮を起こしたりします。

スポンサーリンク

また、胎盤内出血の原因になる可能性が….(T_T)

しかし、中には、飲んでも問題ない便秘茶も存在します。
ですから、もし、便秘に耐えられないということであれば、妊娠中でも飲める安全なものを選びましょうね。

飲んではいけない便秘茶には、センナやカフェイン、タンニンといった成分が多く含まれているのがNGです。

センナはお腹が痛くなる可能性があります。
また、カフェインは自律神経を乱す危険がありますよ。

それに、タンニンには鉄分の吸収を阻害する作用があります。
これは、妊娠中には不向きなんです。

逆に、キャンドルブッシュやルイボスといった成分が含まれているものは大丈夫です。。
これらは、妊娠中でも問題ないといわれています。

ただ、妊娠中の方は、注意書きを必ず確認して、パッケージに何も書いていない場合は、メーカーや医師に飲んでも問題ないか相談しましょう。
そのほうが安全です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

便秘で腹痛が起こるのはどうしてなの?

便秘で腹痛が起こることも多いです。
ですが、これは一体どうしてなのでしょうか?

便秘による腹痛の多くは、腸内に溜まったガスが原因なんですよ。

便秘になると、腸内にガスが溜まってしまいます。
そのガスが、臓器を圧迫します。
これで腹痛になるのですね。

また、下剤の副作用で痛みを感じることもあります。

腹痛の症状には個人差がありますよ。
ですが、基本的に便秘が酷ければ酷いほど、痛みは強くなる傾向にあります。

そのまま放置してしまう大変です。
そんなことをしていると、腹痛によって日常生活に支障をきたす恐れがありますよ。
なので、注意しましょうね。

体が冷えてしまうとますます便秘が悪化してしまいます。
こうなると、さらに痛みが強くなる可能性も…..(T_T)

便秘になったら、体をできる限り温めましょう。

それに、お腹を時計周りにさするのも効果的です。
これで、腹痛を軽減させることができますよ。

場合によっては、その腹痛が便秘ではなく病気からきている可能性もあります。
ですから、ずっと続くようであれば医師に相談しまょう。

便秘のせいだと思っていたら、盲腸だったというケースも稀にあるそうですよ(T_T)

スポンサーリンク