税理士ってどんな資格?

これから税理士の資格を取得したいと思っている人もいるかもしれません。
ですがあなたは、実際にどのような資格なのか理解していますか?

理解しないまま資格を取得しても、使い道に困ってしまいますよ。
ですから、事前に把握しておいた方が良いでしょうね。

税理士というのは、税金の専門家だと証明する資格なんです。

税金は非常にややこしいのですよね。
ですから、詳しく理解している一般人は少ないです。

しかし、自営業をしている人や会社を経営している人はそんなことは言ってられませんよね。

ただ、税金のことまで自分で行うとなると非常に大変なのです。
そんな時に税理士にお願いするんですよ(^^)

そうすると、税理士が経営者の代わりに税金の対応をしてくれます。

そのため、会社員よりも経営者の方に馴染み深いという職業ですよ。
税理士は、資格だといえます。

そして、税理士には、これら3つの独占業務があります。

・税務代理
・税務書類の作成
・税務相談

簡単に説明すると、税務代理は税務署に確定申告書を提出するなどの業務のことですね。
これは、税務書類の作成は確定申告書といった税に関する書類を作成する業務のことです。

あと、税務相談は税金に関する相談に乗ったり、アドバイスをしてくれますことをいいます。

スポンサーリンク

この3つの業務は、税理士の資格を持った人にしかできませんよ。

スポンサーリンク

どうすれば税理士になれる?

税理士になるには、このような方法があります。

・税理士試験に合格する
・税務署に一定期間以上勤務する
・弁護士や公認会計士の資格を取得する
・大学院を卒業して資格を取る

最も一般的なのが、税理士試験に合格する方法なんです。

試験内容は難しいですよ(T_T)
ですが、諦めずに努力をすれば合格することができるでしょうね。

税務署に一定期間以上勤務することによって、税理士になることができます。
また、あまり知られていませんが….^^;

つまり、試験を受けなくても税理士として働けるということなんです。

それに、弁護士や公認会計士の資格を取得すると、税理士の業務も行えます。

ただ、一般的には、司法試験や公認会計士試験の方が難易度が高いといわれています。
ですので、税理士になりたいのなら税理士試験を受けた方がいいことはいうまでもありませんよ。

また、一定要件を満たす大学院を卒業した場合にも、税理士の資格を取得することが可能です。

このように、税理士試験に合格しなくても、なろうと思えばなることができるのが税理士なんですよ(^^)

スポンサーリンク