簿記検定の申し込み方法とは?

簿記検定の申し込みをしたい時は、どうすれば良いかあなたはご存知でしょうか?
日商簿記検定を受けたい場合、まず、お近くの商工会議所に連絡しましょう。
そうして、詳細を確認してくださいね。

申し込み方法や申し込み日時は商工会議所によって異なる場合があります。
なので、受験希望地の商工会議所に問い合わせるのが最も確実ですよ。

一般的な申し込み方法として、この3つです。

スポンサーリンク

・インターネット申し込み
・郵送申し込み
・窓口申し込み

この3つから、あなたの好きな申し込み方法を選んびましょう(^^)

近くに商工会議所があるという方は、直接窓口に行って申し込みをしてください。
そうした方が良いでしょう。

また、自宅から商工会議所までの距離が遠いという方は、インターネットや郵送が便利です。
これらで申し込みをした方が手間がかかりません。

費用は大体これくらい。
受験料は1級だと7500円、2級だと4500円、3級だと2500円、4級だと1600円と思っておきましょう。

一度受験料を支払うと試験が中止になった場合以外は返金されません。
また、受験エリアを変えたり、受験する級を変更することも不可能です。

そのため、受験料を支払う前に、しっかりと確認しましょう。
これは大切ですよ。

間違えても取り返しがつきません(T_T)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

簿記試験の過去問はやっておいた方がいい?

簿記試験に合格するためには、過去問をやっておいた方が良いといわれています。
ですが、実際のところはどうなのでしょうか?
あなたはどう思いますか?

結論からいうと、過去問はやっておきましょう(^^)

それも、1回だけではありません。
過去問は、何度も何度も解くというのが合格への近道なのです。

一般的に、3回くらい解けば良いといわれています。
ですが、それでは足りません。

どうせなら、10回以上過去問を解いた方が良いでしょうね。

過去問をやるメリットは、この2つです。

・試験の出題傾向が分かる
・苦手な部分や得意な部分が分かる

過去問をすることによって、試験の出題傾向が分かります。
これが一番のメリットです。

例年、似たような問題が出題されます。
でので、過去問をどれだけしたのかで結果が大きく変わります。

それに、過去問をすることで、あなたの苦手な部分や得意な部分が分かってくると思います。

苦手な部分と得意な部分を把握することができればあとは簡単です。
これが把握できれば、さらに効率の良い勉強ができますよね。

書店に行くと様々な過去問題集が販売されています。
ですから、あなたに合うものを選んでくださいね。

スポンサーリンク