投資信託をする際には、ぜひとも専門用語を覚えておきましょうね。
そのほうが投資をスムーズに行えますよ。

投資信託で知っておくべき言葉には、コレです。

・アナリスト
・委託会社
・分配金
・押し目買い
・希薄化
・決算日

アナリストとは、投資の専門家のことを指します。
これはで、一般的に日本証券アナリスト協会の検定会員のことをいうんですよ。
また、金融機関の調査部門などに所属している人のことを指す場合もあるのです。

委託会社とは、投信会社や運用会社と呼ばれることもあるファンドの運用を行う会社のことをこのように
いいます。

分配金は、事前の取り決めに基づいて投資家に分配されるお金のことなんです。
これには、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)があります。

押し目買いとは、相場が下がった時を狙って購入することを指します。
押し目買いをすることによって、値上がりによる利益を得られるかもしれませんよ(^^)

希薄化とは、発行済株式数が増えた影響で、1株当たりの価値が下がることです。

最後は決算日です。
これは、ファンドの決算日のことなんですよ。
運用成績に応じて分配金が支払われます。

投資信託を始める前にこれらの用語の意味くらいは知っておくようにしてくださいね(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

外貨預金するなら覚えておきたい用語とは?

外貨預金をする場合も専門用語があります。
これらの用語は是非とも外貨預金を始める前に覚えておきましょうね。

用語を知らないと苦労することが多いからです。
そうならないためにも、少しでも多く覚えるようにしましょうね。

最低限覚えておきたい用語は、コレです。

・運用
・円安
・円高
・為替相場
・為替手数料
・為替差益
・為替差損

運用とは、資産を預金、または、投資して、増やしていくことです。
コレを運用といいます。

ただ、増えるだけではありません。
場合によっては、減ることもあります。
その点は注意してくださいね。

円安というのは、円の価値が下がってしまうことなんです。
例えば、1ドル90円だったのが100円になった場合です。
この場合を円安と表現します。

逆に、円の価値が上がることを円高といいます。
この場合だと1ドル90円だったのが80円になるというケースですね。

為替相場とは、通貨の交換率のことを指します。
例えば1ドル100円といったようなことです。

為替手数料とは、通貨を交換する時に発生する手数料ですよ。

為替差益は取引レートの差によって生まれた差益のことを指します。
また、為替差損は取引レートの差によって生まれた差損のことになります。

外貨預金を始める際はこれくらいの専門用語は覚えておきましょうね(^^)

スポンサーリンク