FXをこれから始める人は、知っておいてほしいことがあります。
それは専門用語です。

少しでも良いので専門用語を事前に覚えておきましょうね。
何故なら専門用語を知らないとスムーズに取引できないことがあるからです。

そうならないためにも、時間がある時にでも勉強しましょう(^^)
ここでは、FX投資で最低限知っておきたい用語としてコレです。

次の5つは是非とも覚えておいてほしいものです。

・ミセスワタナベ
・レジスタンスライン
・サポートライン
・リミットオーダー
・ボクシングデー

ミセスワタナベとはなんなのでしょう?
コレは、FXをしている日本の主婦のことです。

どうして「ワタナベ」という名称になったのかは不明です。
ですが、欧米外為ディーラではこのような名称で呼ばれているそうです。

レジスタンスラインはテクニカル分析やチャート分析に使用する上値抵抗線のことをこのように言います。

また、サポートラインは下値支持線のことです。

リミットオーダーとは、値段指定をして注文を行うことなんですよ(^^)
これは、単にリミットと呼ぶケースも多いですね。

ボクシングデーは12月26日(クリスマスの翌日)です。
イギリスやオーストラリア、カナダなどでは休日になります。
コレは覚えておきましょう。

ロンドン、パリ、香港など、多くの取引所が休場になります。

そのため、この日に限っては東京とニューヨークの取引所がメインになります。

これが最低限知っておいた方がいいFX投資用語です。
ぜひとも頭にこれらの用語を叩き込みましょう(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先物取引の代表的な用語とは?

先物取引には様々な専門用語が存在します。
なので、投資を始める前にできる限り勉強しておきましょうね。

先物取引の代表的な用語として、コレです。
このような言葉があります。

・青天井
・商い
・上げ足
・頭
・荒れる
・委託手数料
・一服
・嫌気

青天井とは、なんなのでしょう?
それは、どんどん上昇し続けるような強気な相場のことをこのように言います。

商いは、なんなのでしょう?
それは、売買のことをいいます。

上げ足とは相場が上昇している状態のことです。

また、頭は相場がこれ以上は上がらないという状態まで上がりきったことを指す用語ですよ。

荒れるというのは、なんなのでしょう?
それは相場が上がったり下がったり、激しく変動することを荒れるといいます。

委託手数料は、取引が成立した場合に、委託者から商品先物取引業者に支払うお金のことです。

一服とはなんなのでしょう?
それは相場の上げ下げが少し落ち着いた状態のことをいいます。

あとは嫌気です。
これは相場が思ったように上がらない様子のことをいう用語なんですよ。。

このような用語は先物取引をしていると、よく見たり耳にすることがあることでしょう。
これらの専門用語は先物取引を行なうのであれば、最低限覚えておいてくださいね。

用語を知らなくても投資することは可能です。
ですが、知っておいた方がよいです。

何故なら先物取引の専門用語を知っていたほうが失敗しにくいからです。

スポンサーリンク