株式投資を始めるのにあたって、まずは専門用語を知っておく必要があります。
このことは非常に重要なことです。

特に、最低限次のような用語は知っておきましょう。

・塩漬け
・連続注文
・見せ板
・減資

塩漬けとは、銘柄を売ろうと思っても売れないような状況を指しています。
例を上げましょう。

それは、投資した銘柄が下落してしまったとします。
そして、含み損を抱えた状態で起こります。

ただし、この場合もう一度株価が上がれば問題ありません。
これは連続注文は連続売買とも呼ばれております。

まず、予め2つ以上の注文を入れます。
そうして、最初の1つが成立した場合、次の注文を出すことを連続注文といいます。

見せ板とは、金融商品取引法違反に該当する注文方法なのです。
これは、意味のない大量注文をします。
そうして、相場を盛り上げるというものです。

金融商品取引法違反なので当然禁止されている注文方法なのです。
このようなことは、絶対に止めてくださいね。

減資は資本減少の略なのです。
読んで字の如く、資本金を減少させることです。

これらの株式投資用語は、是非おぼえておいてくださいね。
それに、他にも様々な株式投資用語があります。

ですから、本格的に始める前にどの言葉がどういった意味なのかを理解しておきましょう。
そうしないとあとで泣きを見ることになりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

初心者でも知っておきたい不動産投資用語とは?

不動産投資を始めようと思っている方は、専門用語をぜひとも覚えましょう。

専門用語を知らないと何かと苦労しますよ(T_T)
そうならないためにも、なるべく早くたくさん覚えるようにしましょうね。

不動産投資で最低限知っておきたい用語は、コレです。

・インカムゲイン
・キャピタルゲイン
・キャピタルロス
・リターン

インカムゲインとは、マンションなどを購入します。
そうして、それを貸し出すことで得る賃料収入のことです。

もしあなたがマンション賃貸やアパート経営をしようと思っているのなら、覚えておきましょうね。

キャピタルゲインは、不動産を購入します。
そうして、それを購入した価格以上の金額で売却して得た差益のことをこのようにいいます。

例えば、マンションを1000万円で購入したとしましょう。
そうして、それを1200万円で売却したとします。
この場合、200万円の差益が出ますよね。

この200万円の差益が、キャピタルゲインなのですよ。

逆に、1000万で買ったマンションが800万円でしか売れなかったとします。
この場合には、200万円の損をします。

このような売却差損が発生する場合をキャピタルロスといいます。
ですが、差損の金額そのものを指すこともあるでしょう。

リターンは、投資した見返りのことをいいこういいます。
不動産投資では賃料収入や売却利益がそれに当たりますよ。

このような用語を不動産投資を行なう際は覚えておいたほうがよいですよ(^^)

スポンサーリンク