債権を買う前に知っておきたい用語コレです。

・債券
・国債
・個人向け国債
・外国債
・利率
・無担保社債

そもそも債権というのは、国や地方公共団体、企業などが発行する有価証券のことなんですよ。

国債は国庫債券と呼ばれる国が財政赤字を補填するために発行する債券のことです。
そして、個人向け国債とは低価格で購入できる個人向けの国債のことなんですよ。

外国債は、外国の政府や国際機関、法人などが発行する債権のことをこのようにいいます。

利率とは、1年当たりの利子の割合のことです。
ですから利率が高いほどもらえる金額が多くなります(^^)

無担保社債は担保が未設定の債権のことです。
そして、担保の付いているものは担保付社債と呼ばれます。

債権を買うにはまだまだ覚えないといけない用語が数多くあります。
ですから、時間がある時に必要だと思う用語を少しずつ覚えましょう。
そうする他ありません(T_T)

用語を知り、債券の仕組みや投資する際の注意点などを理解しましょう。
そうすることで、投資に失敗する可能性を減らせるはずですよ。

債券への投資は他の投資商品に比べるとなんとなく安全そうなイメージがあるかもしれません。
ですが、きちんと勉強してから投資しなければ大変です。

スポンサーリンク

そうしないと資産を失うことになりかねませんよ。

スポンサーリンク

金投資の用語とは?

金投資を行う場合、用語を知っておきましょう。
その方が何かと有利です。

初心者は、まずどのような用語があって、どのような意味なのかを覚える必要があります。

金投資で知っておきたい用語には、コレです。

・インフレーション
・デフレーション
・ゴールドラッシュ
・24金

インフレーションとは、物価が上昇している状態のことです。
これをインフレーションといいます。

インフレーションになると金の価値が上がります。
そのため、売却すると大きな利益になるのです。

逆に、デフレーションは、物価が安くなっている状態ことなんです。
物価が安くなれば生活しやすくなるような気がするかもしれません。
ですが、実際はデフレでは不況に繋がってしまいます。

これは、経済的には良いことではありません。
それに、物価が全て下落します。

それにより、金の価値も下がります(T_T)

ゴールドラッシュというのはなんなのでしょう?
これは、新しく発見した金の採掘地にたくさんの人が集まることなんです。

24金は、金の純度が99.99%以上のものです。
これを24金といいます。

金投資を始めようと思っている人は、最低限これらの用語とその意味を覚えておきましょうね(^^)

スポンサーリンク