離婚を招く会話パターンがあるって本当なの?

離婚を招く会話パターンというのがあるそうです。
あなたは、ご存知でしょうか?

知らない人も多いかもしれませんね。
ですが、離婚を招く会話パターンというのは実在するのです。

では、どういった会話パターンが離婚を招いてしまうとあなたは思いますか?

例えば、何か不満がある時にです。
希望を率直に伝えるのではなく、相手を批判してしまう場合です。

この場合には注意が必要です。

批判された相手は、自分を守るために防御の体勢に入ります。
ですが、その反応に対して批判した人がヒートアップしちゃいます。

それで、さらに相手を見下すような発言をすることも珍しくありません(T_T)

その場合、批判されている人は、無視するという選択を選びがちです。
あるいは怒鳴ったり、泣いたり、その場から立ち去ったりといった選択もあるでしょう。

いずれにしても、お互いに相手への不満がつのるのは間違いありません。
そうなると、わだかまりも残ってしまいます。

これを何度も繰り返すことによって、どんどん夫婦関係が悪化していきます(T_T)
そして、離婚を招いてしまうという結果になってしまいますよ。

あなたも気がつかないうちに、相手を傷つけてしまうような言い方をしていませんか?
一度、あなたも自身の言動を振り返ってみた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

母子家庭だと子供の就職が不利になるの?

母子家庭だと、子供の就職が不利になるとあなたは思いますか?
このように思っている女性は多いよです。

結論からいうと、そんなことはありません。
なの安心してください。

一昔前であれば、家族構成を細かくきかれたかもしれません。
ですが、現在は人権の問題があります。

そのため、そこまで深くきく企業はありませんよ。

もし、家族構成をきいたことでトラブルに発展した場合、企業側にとっても痛手となります。
ですから、母子家庭というのはそれほど就職においてマイナスに働きません(^^)

ただし、採用担当者の中には、母子家庭に対してネガティブなイメージを抱いている人もいらっしゃいます。
そのため、絶対に子供の就職が不利にならないという訳ではありません。

ですが、母子家庭で育っても大手企業や銀行、公務員といった職業に就いている人もたくさんいますよ。

最終的には、就職は子供の頑張り次第にですね。
そう思った方が良いでしょう。

しかし、母子家庭の場合だと、どうしても経済的な不安がつきまとうことが多いです。
そのため、子供が本当にやりたいと思う仕事に就けない可能性はありますよ。

大学や専門学校に通う学費がないので、進学を諦めて就職するという子供も珍しくありせん。

スポンサーリンク