スキーの服装でウェアの下はどうする?行き帰りは?

何事もはじめての体験というものがあります。
ワタシもスキーをはじめて体験したのは高校生の時でしたねえ。
懐かしい(^^)

それはともかく、スキーがはじめてだと服装の準備なども迷いがちです。
スキーウェアはレンタルするにしても、行き帰りやウェアの下にはどんな服装が
いいのかはじめてだとわからないものですよね。

ここでは、それを説明します。

スポンサーリンク

スキーの服装でウェアの下はどうする?

スキーをするときにはウェアを着ます。
ですが、その下はどうしたらいいのでしょう?

所謂、インナーって奴です。
初心者の方はこれで悩む方もいらっしゃいます。

その答えをここで紹介します。
ウェアの下に何を着たらいいかというと

動きやすければなんでもいいですよ(^^)

けど、これだけだとあれなのでもうちょっと具体的に書くと
スーパーなどで買える発熱下着、発熱フリースなどがいいですね。

これにプラスしてウールのセーターがあれば鬼に金棒ですよ。

あと下は、発熱スパッツか男性用パンストを履いていくことをオススメします。
これを履くと足が寒くなりませんよ。

また靴下も厚手のものがいいですね。
それから、首回り寒いのでホームセンターや作業用品売ってる店でフェイスマスクかネックウォーマーもあるといいでしょう(^^)

スポンサーリンク

これくらいあればスキーの服装でウェアの下は大丈夫です。

スキーの服装で行き帰りは?

スキーの服装で行きや帰りはどのようなものがいいのでしょう?
それは、ワタシの周りを見てるとこんな感じですね。

まず、ズボンですが行き帰りはスウェットの人が多いですね。
ジーパンは少ないです。

また靴はスニーカーですかね。

あと上は見てる限りでは適当ですね。
ワタシの場合日帰りだとインナーそのまま着てることも…^^;

インナーはヒートテックでしょうか。
着たりお洒落にTシャツやパーカーを着てる人とかもいましたよね。

あとワタシがよく聞くのが、ヒートテックのキャミソール、長T、フリースかパーカー、ウェアの4枚重ねですね。
ちなみに下はタイツを一枚^^;

それから車でスキーに行かれる方は、結構みんな車で着替えてますよ。
男女ともにですね^^;

スキーに行くときや帰る時の服装はできるだけ質実剛健のほうがいいかも(^^)
まあ、若い子はおしゃれな服装でもいいですけどね。

ある程度、歳をとるとそういったことが面倒になるんですよ^^;

まとめ

スキーの時の服装に関してはこんなものでいいでしょうね。
ただ、北海道でのスキーの場合にはもっと防寒対策を強化したほうがいいかも(^^)

北海道をナメてはいけませんよ^^;

スポンサーリンク