引越し前の手続きで役所には?リストは?

引越し前には色々とやっておかなければいけないことがたくさんあります。
けど、何から手につけて良いものか経験がないとわからないものですよね。

ですから、ここでは引っ越し前にどんな手続きが必要なのかをご紹介いたします。

スポンサーリンク

引越し前の手続きで役所には?

引っ越し前に市区町村の役所での手続きをしておいてほしものがあります。
ただ現住居を管轄する市区町村の役場での手続きは、各世帯の状況により違ってきます。

また、市区町村により、多少内容が異なる場合も…^^;
なので、訪問前に一度問い合わせをましょう。

そして、必要な手続きや書類を確認してから役所に出かけましょうね。

役所での引っ越し前の手続きはこれらです。

・ 転出・転居届
・ 国民年金・国民健康保険の手続き
・ 印鑑登録の廃止
・ その他、福祉・医療・手当関係の手続き
・ 犬の登録変更

それぞれ詳しくみていきます。

まずは「転出届」を提出しなければいけません。
そして、「転出証明書」を発行してもらいましょう。

この手続きは引越しの2週間前から可能なところが多いですね。
ただしその際には印鑑が必要です。

ちなみに、同じ市区町村内で転居する場合は、「転出届」ではありません。
そうではなくこのケースでは、転居後に「転居届」を提出する必要があります。

また「転出証明書」は、いくつかの手続きで使用します。
なので失くさないように、大切に保管してくださいね。

次は国民年金・国民健康保険の手続きです。

国民健康保険は、自治体を移動する時点で「資格喪失届」が必要ですよ。
その際には国民健康保険証を持参する必要があります。

また国民年金は住所変更が必要です。
この場合にも国民年金手帳を持参する必要があります。

ただ、転入後の手続きのみでいい場合もあるんです。
その辺は転居される自治体にご確認してください。

次は印鑑登録の廃止です。
これは印鑑登録をしている場合は、廃止の手続きをしなけれればいけません。
廃止の手続には印鑑登録証が必要なのでこれを持参して手続きしてくださいね。

ただこの場合にも自治体によっては、転出届を出せば、自動的に印鑑登録を廃止してくれるところもあります。
詳しいことはお住まいの自治体でご確認くださいね。

次はその他、福祉・医療・手当関係の手続きです。

市区町村役所で行う手続きには、上のもの以外にもまだまだあります。

それは、乳児医療費助成や児童手当、介護保険、後期高齢者医療費助成などの福祉医療や手当に関する手続きですね。
なのでこれらに該当する人は、事前に必要書類を確認してください。
その上で、同じタイミングで手続きを終えられるようにするのがベストですよ(^^)

最後は犬の登録変更です。
これには旧鑑札、予防注射済票、印鑑を持参して手続きを行ってくださいね。
ただ市区町村によっては、転出時には特別な手続きが不要のところもあります。

また、申請先が管轄の保健所になる場合も….^^;

なので、その辺はご自身で事前確認する必要がありますよ。

面倒ではありますがすべて生活するには必要なことです。
なので面倒くさがらずちゃんと手続きを行いましょうね。

スポンサーリンク

そうそう、役所への手続きは引っ越しの1~2週間前に行ってくださいね。

引越し前の手続きのリストは?

ここでは役所での手続き以外のリストをあげておきます。

まずは、郵便物の転送届けですね。
これはホームページや窓口設置の専用のハガキで申し込めば大丈夫です。
そうすれば、現住居に送られてきた郵便物を、希望日から1年間、新居に転送してくれるサービスなのです。

ただこのサービスは申請してから登録反映まで1週間程度かかることがあります。
なので、早めに郵便物の転送届の申請を済ませてくださいね。

次は電気・ガス・水道の手続きですね。

電気・ガス・水道に関しては手続きが2つあります。
それは、現住居での停止手続きと新居での開始手続きです。

この両方を電気・ガス・水道では必要になりますよ。

ただこれらの手続きはホームページから申請可能です。
申請は、遅くとも引越し1週間前までに行ってくださいね。

また、オートロックの建物などはちょっと注意が必要です。
もしかしたらオートロックの建物では、ガスの閉栓・開栓時にあなたが立ち会わなければいけないかもしれません。

これはケースバイケースですけどね。

それから次はNHK・衛星放送・ケーブルテレビの契約変更ですね。

NHKやスカパーなどの衛星放送の契約変更は簡単ですよ。
それは、ホームページから手続きできるからです。

ただケーブルテレビの場合は、現住居での設備撤去が必要です。
また、新居での設備工事の作業が発生することも…^^;

なのでケーブルテレビの場合は早めの申請を行いましょうね。

あとは、各種配達サービスの手続きですね。
配達サービスとは新聞や牛乳などです。

このような、定期的な配達サービスを利用している場合は、契約変更の手続きをしましょう。

この時引越しの前後で同じ会社の新聞を購読する場合などは、早めに申請しておきましょう。
そうすれば、1日も空くことなく切り替えでき新居でもすぐに新聞が読めますよ(^^)

これらは引っ越しの1~2週間前に行ってくださいね。

引越しの前日までにやっておくこともあります。

引越し前の1週間は梱包作業が本格化してきます。
ただ手続きはは、各所への住所変更手続きぐらいですね。

これはネットをうまく活用すればいいんです。

住所変更手続きは、ほとんどの場合ホームページから手続き可能です。
ただし、保険会社は担当者に連絡しなければいけないケースもあります。

ただ請求書などの郵送物を転送する手続きが済んでいれば、引越し後の手続きになってしまっても問題ないですけでね。
でも、できれば引越し前にまとめて作業してしまうのが得策ですよ。

一応住所変更手続きが必要なものをご紹介いたします。
銀行などの金融機関や、保険会社、クレジットカード会社、携帯電話会社などですね。

このような住所変更が必要なものをあなた自身で確認してください
ただ、数が多いと思いますので確認漏れのないように注意してくださいね。

まとめ

引っ越し前の手続きも書いてみると色々とあるものです。
ただ、漏れがあると後で大変ですよ。

抜かりなく引っ越し前の手続きを済ませましょう(^^)

スポンサーリンク