色紙の寄せ書きで書き方とは?目上へのマナとは?例文は?

春は出会いと別れの時期ですよね。
ワタシも色々とお世話になったあの方へ、お別れに色紙の寄せ書きをみんなで書いて渡しました経験があります。

けど、寄せ書きの色紙作成を頼まれたらちょっと大変です。

頼まれたときに備えて知っておいても損はありませんよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

色紙の寄せ書きで書き方とは?

色紙の寄せ書きは自由に書くのも悪くはありません。
でも、何より重要なことがあります。

それは贈る相手のことを想って寄せ書きを書くことです。
これが何よりも大切なんですよ(^^)

ですから寄せ書きを貰って相手が嬉しくなる色紙に仕上げたいものです。

色紙の寄せ書きを作成する場合の注意点はこれらです。

・なるべく空白を作らない
・相手とのエピソードなど思い出を交えよう
・印象に残るメッセージを!
・色紙の寄せ書きを渡す時まで渡すときまでキレイな状態を保つ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

あなたが寄せ書きを貰った時にそれ空白が目立ったらどうでしょう?
あまりいい気分ではないですよね。

なので、空白スペースを作らないみんなの気持ちを大切に届ける喜んでもらえる工夫が必要ですよ。
どんな工夫かというと、書く人数にあった大きさの色紙を選ぶ、シールや写真を貼るなどですね。

こうすれば色紙の空白のスペースがなくせるはずです(^^)

次は相手とのエピソードを交えるです。
これは、そのままの意味ですね。

例えば会社や学校でも色々な行事がありますよね。
また仕事なら一緒にやったプロジェクトなどです。

そういったあなたと相手との思い出を交えてメッセージを書きましょう。
そうすればきっと相手も喜んでくれますよ。
書く場合はあなただけの他人とは違うオンリーワンの文章にしてくださいね。

次は印象に残るメッセージをです。
この印象に残るメッセージを心がければあなたの個性が引き立ちます。

そうなると、相手が後で色紙を見返したときどうでしょう?
そう、きっと相手もあなたのことを思い出しやすくなりますよ。

どう書けばいいかというと相手にふさわしいキャッチフレーズ、有名人や偉人の言葉などですね。
このような、印象的な文章で書き始めるのもありですよ(^^)

最後は寄せ書きを渡すまでキレイな状態に保つです。
寄せ書きはみんなの気持ちが詰まった大切な色紙ですよね。
渡すときに色紙が汚れていたら相手も興ざめすることでしょうなく

そうならないためにも渡すまでは色紙包みを利用するといいですね。
これだけでも、汚してしまう心配もなくなります。

キレイな色紙を渡せば受け取って嬉しいはずです。
またメッセージが現れるまでのドキドキ感も演出できますよ。

色紙の寄せ書きの目上の方にお願いするマナーとは?

目上の方に寄せ書きをお願いする際、あなたはどうしますか?
まさか、目上の方に寄せ書きをお願いする際、実は色紙をそのまま目上の方にお渡ししていないでしょうね^^;

スポンサーリンク

もしそうなら非常識だと思われてしまいますよ。

まあ、その目上の方があっけらかんとした性格の方なら問題ないかもしれませんけどね。

でも、目上の方へ寄せ書きをお願いする場合には

ちゃんと封筒に入れる、又は茶紙等で包んで渡す

これが目上の方に寄せ書きをお願いする際のマナーですよ。

その理由はお渡しするときは色紙は白ですよね。
でも、書かれた後はそれがその後書き込みをなさる方々以外の目にも触れてしまうことになりますよね。
また、汚れてしまう気遣いもあります。

なので、間違っても目上の方に寄せ書きをお願いする際には色紙をそのまま持っていかないでくださいね。

色紙の寄せ書きで例文は?

上司・先輩への送別メッセージって何を書いたらいいのか悩みどころですよね。
ここでは簡単な送別メッセージ例文を紹介します。

まずは、上司や先輩が異動や転勤の場合です。

上司へはこのような文でいいでしょう。

◯◯係長。
◯年間大変お世話になりました。
◯◯係長のおかげで、うちの課はいつも楽しく明るい職場でした。

◯◯係長がこの課を去られるのは寂しいですが新しい部署に行かれてからも、公私にわたり益々ご活躍されますようお祈りします。
今までありがとうございました。

先輩へはこれです。

◯◯さん。
◯年間お世話になりました。
私たちはいつも◯◯さんの教えにしたいがながらなんとか仕事をこなすことが出来ました。

先輩がいなくなると思うとちょっと不安です。
でも先輩に教えて頂いた事を一つずつ思い出しながら業務に励む所存です。
いろいろと本当にありがとうございました。

上司の退職の場合はコレです。

◯◯課長。
これまで長い間大変お疲れ様でした。

◯◯課長の御尽力があったおかげでこの会社の大変な時期も乗り越えることができたと思っております。

◯◯課長にはまだ教えて頂くことが沢山あります。
なのでどうか退職されてからも我々の先輩として変わらぬご指導をご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

今まで大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

先輩の退職の例文です。

◯◯さん。
今まで大変お世話になりました。

〇〇さんとお別れするのはとても寂しいです。
ですが、〇〇さんが今後の人生のステップアップのための決断です。

そのことに対して心より敬意を表します。
〇〇さんの夢が実現されますよう心よりお祈りいたします。

これまで、面倒を見て頂きありがとうございました。

こんな感じで寄せ書きを書いてくださいね。

まとめ

出会いがあれば別れも必ずやってきます。
送り出すのなら気持よく相手を送り出したいものですよね。

そのためにも、心のこもった寄せ書きの色紙を作りましょう(笑)

スポンサーリンク