風邪が治らないのはなぜ?どうやって治す?何科に行く?

風邪をひいても大抵一週間程度で治るものです。
けど、時々風邪の症状がいつまでもおさまらないって経験ありませんか?

ワタシも何度かあります。
こうなると結構ツライですよね。

まあ、仕事を休むほどではないので出勤はするのですが
やはり、風邪の症状はあるのでこういった体調の時は体がキツイです。

ここでは、風邪がいつまでも治らない時の場合の対処について説明します。

スポンサーリンク

風邪が治らないのはなぜ?

いつまで経っても風邪の症状がおさまらいことがたまにあります。
でも、通常の風邪だと思いますよね。

それで症状を放っておくこともしばしば^^;
ですから、そのままにしておくと、重度の病気に発展してしまう可能性だってあります。

風邪は万病の元なのですよ(T_T)

ところで何故なら風邪を引くのでしょう?
その原因の約90%はウイルス感染なんですよ。

しかも、風邪のウイルスは100種類以上あると言います。

このウイルス達は冬場に活発になります。
そして人の体内に侵入してくるのです。

来なくていいのに….(T_T)

けれども、通常は風邪の症状は10日程度で大体おさまります。
これは、あなたも経験でお分かりになるでしょう。

ですがが、1ヶ月以上風邪が長引く場合は、ウイルス性ではないかもしれません。

こういったケースの場合は、細菌性の風邪を発症していることもあります。

ですから、症状を放っておくのは大変危険です。
風邪が1ヶ月以上続くのなら、お医者さんに相談してみましょう。

細菌の種類には色々あります。

例えば、
扁桃腺や中耳炎などを引き起こす溶連菌
肺炎を引き起こす肺炎球菌
肺炎や菌血症、髄膜炎を発症させるインフルエンザ桿菌(かんきん)

などなど、こういったものが挙げられます。

ちなみに、長引く風邪はウイルス性の風邪にかかった後に、身体の免疫力が弱って細菌に二次感染することもありますよ。
このような場合は、肺炎や咽頭炎などの病気も疑われます。

そのため、病院では通常抗生物質が処方されますよ。

また咳が長引くときは、風邪以外の病気にかもしれません。

風邪が長引いている時、もっとも多い症状に咳ですよね。

風邪の症状はすっかりおさまっているのに1ヶ月以上咳が長引く場合、他の病気が原因かもしれません。
それが、これらです。

・喘息、咳喘息
・アトピー咳嗽(ガイソウ)
・慢性閉塞性肺疾患
・副鼻腔気管支症候群
・逆流性食道炎(胃食道性逆流症)
・感染後咳嗽
咳がずっと長引く症状を軽く考えてはいけません。
もしかしたら、重度の病気に発展する可能性だってあります。

スポンサーリンク

特にこのような症状が続く場合は危険信号ですよ。

・食後に特に咳がひどくなり、胸焼けなどの症状もある
・寝る前や早朝に、特に咳がひどくなる
・風邪薬を飲んでも咳が止まらない
・アトピーや花粉症などのアレルギーを持ち、のどに違和感や痛みがある
・毎年、同じ時期に咳が長引く

病院から処方された風邪薬や市販の咳止めなどを飲んでも、効果が全くない時は
迷わずにお医者さんにご相談くださいね。

風邪が治らない時はどうやって治す?

風邪を気合と根性で治すという気骨のある方もいらっしゃることでしょう。
そんな方への長引く風邪を治す方法とはしては、総合ビタミン剤と総合ミネラル剤と
アミノ酸粉末、ビタミンCをドラッグストアなどで購入しましょう。

総合ビタミン剤は数日は少々多めに飲んでみてください。
あと、ビタミンCは、500mg./毎時飲みましょう。 
現在下痢をしていなければ、下痢するまで飲むことです。

ワタシはこれで風邪を治しております。

あと、意外と見落とされがちなのが掃除です。

まず、部屋の掃除をしましょう。
掃除も床だけではいけません。

ちゃんと、本棚などの上のほうにある埃もキレイにしてください
そして、寝具を干して、シーツを変えましょう。

鼻炎は身の回りが汚いからという理由もあります。
また、エアコンがあるのならこれもちゃんと掃除してください。

病気は、身奇麗にしておくと、なかなか治りませんよ。

これでも治らない時は、諦めてちゃんと病院に行ってくださいね。

風邪が治らない時は何科に行く?

治らない風邪の時は何科に行けばいいのでしょう?
その答えは、症状によって違います。

咳の症状ならば、内科ですかね。
できれば、呼吸器内科がベストです。

こちらのほうが専門ですので、より確かな診察をうけることが出来るでしょう。

また、喉や鼻水といった症状があるのならば、耳鼻咽喉科ですね。

このように、あなたの風邪の症状によって何科にいくか決めてください。

まあ、かかりつけ医がいるのならそちらに行くのが一番ですけどね。

まとめ

長引く風邪はツライですね。
少しでも早く治すためにもお医者さんに行きましょう(^^)

スポンサーリンク