インフルエンザの症状が子供で軽い時はどうする?受診のタイミングは?

お子さんが病気になるのを見るのはツライですよね。
でも、病気になるときはなります。

冬の病気で気をつければいけないのがインフルエンザです。
特に子供は重症化しやすいから、親としては注意が必要ですよ。

ここでは、インフルエンザの症状が子供で軽い時はどうするかまた受診のタイミングは
などを解説します。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状が子供で軽い時はどうする?

インフルエンザを発症すると高熱になるというイメージがあります。
少なくともワタシはそう思っていました。

これはA型のインフルエンザだと高熱になる傾向にあるそうです。

でも、子供の場合あまり高熱にはならない場合があるそうですよ。
それは、風邪と症状が似て区別がつきづらいケースもあります。

子供がインフルエンザにかかっても熱は最高37.3度くらいまでしか上がらず、その後はすぐに熱が下がることも。
それで、咳の症状だけが残ったということがワタシの知り合いの子供でいました。

この子の場合は、学校は5日間休んだそうです。
やはり、症状がかるくてもウィルス持ちですので、出席すれば他の子供にインフルエンザウィルスを感染させる
可能性があります。

ですから、いくら子供のインフルエンザの症状が軽くても5日間は幼稚園や学校を休ませるようにしましょうね。

スポンサーリンク

ちなみに、インフルエンザの予防接種を受けていると感染しても症状が軽く済むケースがあるそうです。
なので、できるだけインフルエンザが流行する前に予防接種を受けさせましょう。

インフルエンザの症状が軽い場合には風邪と判断がつきづらいのです。
なので、どの段階で病院に受診させてよいか悩むことでしょう。

ですが、お子さんがインフルエンザかもと疑わしい時はすぐに病院に受診しましょう。
その理由は、子供のインフルエンザは重症化しやすいからです。

インフルエンザで怖いのは、インフルエンザ脳症です。
このインフルエンザ脳症とは、インフルエンザにかかった幼児(主に1~5才)にみられます。

症状は、けいれん、意識障害、異常行動などの急速に進行する神経症状ですね。
またさらに、血管が詰まったり、多くの臓器が働かなくなります。

その結果、命に関わる重篤な疾患をインフルエンザ脳症なのです。

なので、こうなる前に病院へいち早く連れていくことが大切です。

例え、熱が低くても子供の意識がはっきりしないとか、様子がおかしい場合にはすぐに
病院へお子さんをつれていきましょう。

何事も重症化する前に早めに対策をうつことが大切です。

まとめ

子供がインフルエンザにかかると重症化しやすいです。
このことを先程からなんども書いていますが、これは本当のことなのです。

なので、子供のインフルエンザが重症化する前に病院へ連れいくことが大切ですよ。

スポンサーリンク