飛行機のチケットの安い買い方は?変更は?キャンセルは?

何事にもはじめてのことがあります。
そして、飛行機に搭乗するにはチケットを購入しなければいけません。
けど、はじめてだと勝手がわかりません(T_T)

なのでここでは、飛行機のチケットの買い方などについて説明します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

飛行機のチケットの安い買い方は?

どうせ飛行機に乗るのならできるだけ費用は安いほうがいいですよね。
その方法はこれらです。

全日空「旅割」

旅割とは
早めの予約・購入でとってもおトクな運賃なのですよ。
また国内線全路線に設定でもっと便利ですね。

この旅割の利用条件はこれらです。
まず、予約の変更は予約を含め3日以内なのです。

あと、取り消し手数料は解約日によって違ってきますね。
ただ取り消し手数料は搭乗日が近くなればなるほど高くなりますよ。

日本航空「スーパー先得」「先得割引」

これも全日空の旅割と同じようなものです。
早めの予約・購入で運賃が安くなるという仕組みですね。

1週間くらいまえまでの予約で航空券だけの売買だと新規参入航空会社の場合は直前まで安い割引航空券が残っていることが多いですよ(^^)

飛行機のチケットを変更する時は?

飛行機 乗車時間のチケット変更手続きをする時はどうしたらいいのでしょう?
生活していると色々と予定が狂うことがあります。
もしかしたら飛行機の搭乗時間を変更を余儀なくされることだってあります。

そんな場合にはまず、航空会社の予約センターに電話しましょう。
そうすれば手続きが可能ですよ。

ただし航空券の種類によってはできないこともあります。
場合によっては手数料を払って払い戻し再購入になることもあることは想定しておいてくださいね。

スポンサーリンク

また、航空会社のWebページで手続きするのもいいでしょうね。
これがもっと簡単ですよ。

ちなみに予約センターは電話が繋がりにくいことがあります。
なので慣れていれば航空会社のWebページで手続きのほうが早いでしょう(^^)

飛行機のチケットをキャンセルする時は?

飛行機の搭乗チケットを買ったけれども予定が変わりいけなくなったということもあります。
そんな時はキャンセルすることになります。

ただ飛行機のチケットをキャンセルするとキャンセル料がかかります。

このキャンセル料というのは、あらかじめ予定された利益に対して補填をする金額のことなのです。
例をあげるとホテルを予約して宿泊しない場合をせつめいします。

予約があればその部屋はホテル側は開けておかなければいけませんよね。
でも、宿泊してくれないとその予約分の利益は入りません(T_T)

そのため、ホテルに連絡なしに宿泊しなかった場合は、100%のキャンセル料=泊まる予定の宿泊費を払うハメになるのです。
ちなみにホテルに連絡なしに宿泊しなかった場合をノーショーといいます。

このようにキャンセル料とは利益の補填なのですよ。
ですから、乗らなくても払った代金を返金しなくてよいのです。

なので、予約したお客が乗ろうが乗るまいが航空会社側として利益は確保しているともいえますよね。
ので同じである、ということです。

ですからキャンセル料をやすく済ませたいなら、早めに航空会社に連絡しましょう。
そうすればある程度のお金は返ってきますよ。
ただし時期やチケットの種類によっていくらお金が返ってくるかは異なりますが…^^;

まとめ

飛行機のチケットを安く買いたいのなら早めに買うことです。
そうすれば普通に買うよりかは安くチケットを買えますよ。

そのためにも旅行の計画は早めにたてるようにしましょうね。

スポンサーリンク