傷病手当金をもらう場合に気になる事があると思います。
それはいつまでもらえるかです。

支給期間はできれば長ければ長いほど助かります。
だからこそ、支給期間が一番気になるのではないでしょうか??

まず、知っておいてほしいことがあります。
それは傷病手当金は、病気や怪我が治るまでずっともらえる訳ではなてということです(T_T)

スポンサーリンク

同じ怪我や病気で療養している場合、支給期間は支給開始日から最大1年6か月です。
この期間を超えてしまうと残念ながら傷病手当金は支給されなくなりますよ。

もし、傷病手当金受給中に違う怪我や病気をしてしまった場合には違います。
引き続きもらえることもあります。

スポンサーリンク

ですが、重複して支給されることはありえません(T_T)

1年6か月が限界です。
ですからもしも、この期間中に怪我や病気が治らなくても、傷病手当金はなくなります。

軽い怪我や病気であれば、受給期間中に完治できるでしょう。
ですが、大きな怪我や病気だとこうはいきません。

もしかしたら傷病手当金の支給期間をオーバーすることだってありえます。
その時のことを考えて、生命保険に加入しておきましょう。

それも一つの方法ですよ。

そうすれば、万が一、期間を過ぎても治らない場合でも安心です。
生保で、ある程度の補償を受けることが可能ですよ。

スポンサーリンク