結婚式での服装のマナーとは?20代の女性は?靴は?

結婚式の主役は当然新郎新婦です。
招かれた客は新郎新婦を祝福するために出席するのです。

なので、当然新郎新婦よりも目立ってはいけません。

ここでは、結婚式でのフォーマルマナーについて書いていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

結婚式での服装のマナーとは?

結婚式ではどのようなフォーマルドレスを選んだらいいのでしょう。
膝上のドレスは一応、マナー違反になります。

ただし、海外では膝上も短すぎなければマナー違反とはならないようです。

あと背中が出ているもの、肩が出るものもいけませんよ。
こういったドレスは基本的にNGですね。

背中を出していいのは花嫁だけですよ…^^;

もしこのようなドレスを着て出席する時は必ずボレロなどを羽織りましょうね。
そうしないと非常識と思われてしまいます。

また黒一色も女性はNGですね。
黒のドレスにするなら、ボレロを明るい色にしましょう。

あと、ダイヤ等光る宝石の派手なネックレスや、全身スパンコール等の装飾品はダメですね。
昼間の結婚式では光る装飾品はマナー違反になりますよ。

結婚式での服装で20代の女性はどうすればいいの?

まあ、どんなマナーも個人個人で線引きが難しいですね。
ですが、結婚式に友人から招待された時は

・白はダメ
・新婦より目立つような色やデザインはダメ
・肩の露出、膝上過ぎるミニ丈はダメ
・明らかなアニマル柄や毛のついたものはダメ
・肌が透けるようなものや作業着(ジーパンなど)ダメ
・黒のタイツ、ストッキング、素足はダメ
・ミュール、サンダルはダメ

このようなことを守って清楚な服装なら十分マナー違反にはならないでしょうね。

ただ、マナーは気にしだしたらどこまでやっていいのかわからなくなります。
ですから、相手を不快にさせない程度のマナーは守ればいいですよ。

あとはあなたの新郎新婦をお祝いしようという気持ちが大事ですよね。

もし多少のマナー違反でも若さゆえのご愛嬌です。
みんなそうして学んで行くものですよ。

スポンサーリンク

結婚式の服装のマナーで女性の靴は?

結婚式に参席する場合には靴はサンダルもミュールもダメですよ。
ましてや素足なんてとんでもないマナー違反です。

結婚式に出席する際の靴はプレーンなパンプスですね。
これが基本です。

ヒールがあって、先のあるものが無難でいいでしょうね。
ただ、普段はヒールは履きなれていないのでどうも苦手だという場合は、ローヒールでもエナメル素材やりぼん、光る石などの飾りのある
などがオススメです。

こういった靴を選ぶとよいでしょう。

まとめ

結婚式に出席するのならフォーマルマナーは常識の範囲内で
守るようにしましょう。

けど、そこまで気を使わなくてもいいとは思いますがね。
一番重要なものは新郎新婦をお祝いする気持ちです。

これを持ち合わせていないのなら、どんなにマナーを守っても慇懃無礼で終わるだけですよ。

スポンサーリンク