うつ病は遺伝するといわれています。

うつ病は遺伝するといわれています。
ですが、この話は本当なのでしょうか?

親がうつ病だと子供もうつ病になる確率は25パーセントだそうですよ。
このように言われております。

ですが、実際に遺伝するかどうかは未だに解明されていませんよ。

スポンサーリンク

そのため、うつ病と遺伝の関係は今のところは研究段階なのです
そう思っておいてください。

またうつ病は、遺伝ではなく、性格的な要因や環境要因が大きく関わっているともいわれています。

例えば、内向的な性格や神経質な性格、責任感の強い性格の人は、うつ病になりやすいですね。
このような性格の人はうつ病の傾向があります。

そして、家庭環境が複雑だと、そのストレスになります。
それによってうつ病が発症しやすくなるのです。

このようなことが原因でうつ病が発症することが多いのです。
だから、親がうつ病だからといってそれほど心配する必要はありませんよ。

また、仮になったとしても遺伝のせいにしてはいけません。

ただ、なりやすいかもしれないということは、意識しておきましょう。
その方が良いかもしれません。

その上で、うつ病にならないようなストレスの無い生活を心がけるようにしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ウォーキングするとうつ病が改善する?

うつ病を改善したいと思っている人は、今からでもウォーキングをしましょう(^^)
ウォーキングをすることによって、効果的にうつ病を改善が期待できます。

では、どうしてウォーキングがうつ病にいいのでしょう?
それには理由があります。
その理由とは、ウォーキングをすることで、セロトニンを増やすことができるからですよ。

うつ病は脳内のセロトニンという物質が減少することによって、起きるそうです。
だからこそ、セロトニンを増やすために薬を服用します。

ですが、薬には副作用があります。

その副作用の影響で正常な生活を送れない場合もあります。
ですが、ウォーキングには副作用がありません。

ウォーキングで副作用があったら大変ですからね。
それに、ウォーキングをすることによってストレスの発散になります。

また体を動かしますので、健康にも良いです。

さらに、決まった時間にウォーキングをすることで、規則正しい生活習慣に戻せますよ。

このように、ウォーキングには様々な効果があります。
ですので、うつ病に悩まされている人は試してみてくださいね。

ただ、無理に長時間やる必要はありません。

大体、1日に30分~1時間程度で十分ですよ。

毎日やるのが理想です。
ですが、天候が悪い日や気分がのらない日は休んでもかまいませんよ。

うつ病は無理をしてはいけません。
あなたのできる範囲で少しずつやっていきましょうね。

スポンサーリンク