薄毛用のシャンプーって効果ある?

薄毛用のシャンプーが販売されていますよね。
ですが、使用すると本当に効果が現われるのでしょう?
気になるところですよね。

結論からいうと、物によります。
ですから、絶対に効果が出るとはいえませんね。

ただ、しっかりとしたシャンプーを選べば話は違いますよ。
ちゃんとしたシャンプーを選べば、薄毛を改善できる可能性があります。

スポンサーリンク

薄毛用のシャンプーは、頭皮環境を整えることを目的としています。
ですが、中には余分な成分が配合されているものも….(T_T)
このようなシャンプーは、薄毛を悪化させてしまう場合もありますよ。

ですからそういったシャンプーを選ぶのはやめてください。
選ぶのなら、余分なものが配合されていない自然派の薄毛用シャンプーにしましょう。
そうすれば、効果がありますよ(^^)

それに、薄毛用のシャンプーを使用するのであれば、アミノ酸系ですね。
これがオススメですよ(^^)

アミノ酸系のシャンプーは、頭皮の炎症や皮脂の過剰分泌を改善する効果があります。
なので、頭皮環境を効果的に整えることができますよ。

また、刺激も少ないです。
そのため、敏感肌という人でも使用できるでしょう(^^)

ただし、薄毛用のシャンプーを使用したからといって、すぐに良くなるという訳ではないので、短くても3ヶ月程度は使い続けましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

薄毛とアルコールの関係とは?

薄毛とアルコールは大きく関係しています。
なので、アルコールの過剰摂取は控えましょうね。

アルコールを過剰に飲むと薄毛になるには理由があります。
それは下記の通りです。

・ビタミンBやアミノ酸が消費される
・皮脂の分泌量が増加する

ビタミンBやアミノ酸といった成分は、髪を生成するのに非常に大切なんですよ。
ですがアルコールを飲むとこれらの成分を大量に消費してしまいます。

そうなると、髪の生成を阻害してしまいます。

また、アルコールを飲むと頭皮の皮脂の分泌量が増加するんです。

そうすると、皮脂が毛穴を詰ります。
それで、頭皮トラブルを生んでしまうのですよ

その結果、髪が抜けやすくなります。
それで、薄毛になってしまいますよ(T_T)

アルコールにはこのような作用があります。
ですから、薄毛を改善したい人や予防したい人は控えましょう。
それが賢明ですよ(^^)

ただ、適量であればまあ大丈夫です。
適量のアルコールならば、それほど髪に及ぼす影響は大きくありません。
アルコールの過剰摂取が駄目なだけです。

少量のアルコールであれば、体にも髪にも害はないです。
しかし、毎日飲むのは肝臓にも負担が大きいです。

アルコールを飲む場合には休肝日を設けるようにしてくださいね(^^)

スポンサーリンク