体臭って遺伝する?

体臭は遺伝する可能性があるといわれています。
ですが、この話本当なのでしょうか?

結論からいうと、遺伝することもあります。

そのため、両親の体臭が強い場合はちょっと問題です。
もしかしたら、その子供も体臭が強くなるかもしれません(T_T)

ただし、絶対に遺伝するという訳ではありません。
中には、両親の体臭が強くても子供は体臭があまりないこともめずらしくありません。

また、仮に遺伝したとしても、本人の努力によって体臭を軽減させることはできますよ(^^)

体臭の強さは生活習慣と大きく関係しています。
ですからその分、不規則な生活をしている人は臭いが酷くなる傾向にあります。

臭いを軽減させるためにも、規則正しい生活を意識しましょうね(^^)

十分な睡眠、栄養バランスのいい食事、適度な運動の3つを心がけましょう。
これで、大幅に体臭を和らげることが可能なんです。

それに、体臭を軽減させるアイテムも色々とあります
そういったグッズを使用するのも一つの手ですよ。

このように、いくらでも対策をとることは可能です。
ですから、遺伝で体臭が強くても悲観することはありませんよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タバコを吸うと体臭がきつくなる?

タバコを吸うと体臭がきつくなるといわれています。
これは、どうしてなのでしょうか?

タバコが原因で体臭がきつくなる理由があります。
それがコレです。

・衣類に臭いが付着するから
・ニコチンの影響
・自律神経の乱れ
・活性酸素の影響

まず、タバコの煙が衣類に付着します。
それによって、嫌な臭いを発生させてしまいます。

まあ、喫煙者は気付かないものです。
ですが、非喫煙者からすると違うんですよ。
衣服に付着したタバコの臭いはすぐに分かります。

また、タバコに含まれているニコチンにより、体臭の原因でもあるエクリン腺からの汗の量が増加するそうです。
エクリン腺からの汗の量が増えてしまうと、それに雑菌が混じってしまいます。
これが強烈な臭いを発生させるんです(T_T)

それに、タバコのせいで自律神経のバランスが乱れます。
それで、汗の量が増えてしまうというのも、体臭がきつくなるのです。

さらに、タバコを吸うと体内の活性酸素が増加します。
それが皮脂と混じり、強い体臭を発生させるみたいです。

タバコを吸うことによって、このようなことが体に起こります。
そのるため、体臭がきつくなるようですよ(T_T)

スポンサーリンク