あるケースだと手術でしかいびきを治すことができません。
それは生まれつき扁桃・口蓋垂が肥大化している場合や上気道が狭い場合です。

ただ、手術となると、ちょっと怖いですよね。
実際どのようなことをするのか不安です。

その不安を軽くするためにもここではいびきの手術とはどのようなことを行うのか解説していきます。

スポンサーリンク

いびきの手術でスタンダードなのが喉を広げて、空気が通りやすくする手術です。
この手術で空気を通りづらくしている肥大化した扁桃や口蓋垂を切除します。
それで、咽頭を広げます。

こうなると空気が通りやすくなります。
それで、いびきを改善するという流れなのです。

ここ最近では、手術はレーザーで行うことが多いようです。

スポンサーリンク

レーザー手術の場合には、このような利点があります。
・出血が少ない
・短時間で手術が終わる
・帰り手術ができる

このようなメリットがレーザー手術にはあります。

また、いびきの手術は基本的に健康保険が適用されます。
これは嬉しいですね。

ただ保険が適用されてもある程度のお金は必要です。
ですから、手術前にどれくらい費用がかかるのかをしっかりと確認しましょう。

手術をした方が良いのかは、ちゃんと医師と相談しましょう。
その上で、慎重にあなたが手術をするかどうか決めてください。

いびきを止めるだけであれば、違う方法もあるのですから….。

スポンサーリンク