坐骨神経痛ってどんな症状なの?

坐骨神経痛の症状は、どのような症状なのでしょうか??
それは以下の通りです。

・お尻にしびれや痛みが常にある
・歩行困難
・腰を動かすと足が激しく痛くなる
・腰に痛みを感じる
・だるさや灼熱感がある
・立っているのが辛い

坐骨神経痛になると色々と大変です。
まず、お尻にしびれや痛みを常に感じるようになります。

これは寝る時も症状が変わりません。
そうなると、睡眠障害に陥る可能性も….(T_T)

それに、足に激しい痛みを感じます。
こうなると、歩くのが難しくなります。

また、腰を動かすと足が激しく痛んでしまいます。
そうなると、靴下を履けないこともあるそうですよ。

また、腰に強烈な痛みを感じることも珍しくないそうです。

坐骨神経痛はだるさや灼熱感を感じることがあったりします。
それに、足が痛くて立っていることさえできない場合もあります。

この他にもまだまだ症状はありません。
足に力が入らなくなったり、太ももやかかと、ふくらはぎなどにしびれを感じることなどなど

坐骨神経痛になると、こういった症状が現われてしまうようです。
そのため、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。

仮に、このような症状が現れた場合は、坐骨神経痛の可能性が高いと思っておいてください。
なので、このような症状があるのなら早めに病院に行って検査をされた方が良いでしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

坐骨神経痛の原因とは?

坐骨神経痛とは、何かしらの原因によって坐骨神経が圧迫されて引き起こされる症状のことです。
では坐骨神経痛を引き起こす原因としては、どのようなものがあるのでしょう??
それは以下のようなものがあるでしょう。

・腰椎椎間板ヘルニア
・梨状筋症候群
・腰部脊柱管狭窄症

若い人が坐骨神経痛を引き起こす原因として多いのがこれらです。
そう、腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群ですね。

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の中にある髄核が脊柱管側に押し出されてしまい、神経を圧迫してしまう病気のことなんです。
腰椎椎間板ヘルニアになると、足や腰に痛み、しびれを感じたり、上体を反らすと強い痛みを感じます。

梨状筋症候群は、坐骨神経が怪我やスポーツなどが原因で圧迫されることで起こります。
これにより、足や腰に痛みやしびれなどを感じることも….(T_T)

一方、高齢者の坐骨神経痛の原因で多いのがコレです。
腰部脊柱管狭窄症が高齢者の坐骨神経痛の原因です。

腰部脊柱管狭窄症は、老化などによって脊柱管が狭くなり、神経を圧迫してしまうことで起こる症状なのです。
これは、足や腰に痛み、しびれ、麻痺などが現われ、症状が重いと歩くのが困難になります。

このようなことが原因となって、坐骨神経痛を発症してしまいます。
ですから、あなたも十分気をつけましょうね。

スポンサーリンク