逆流性食道炎ってどんな検査をする?

逆流性食道炎かもしれないと感じた場合には、すぐに病院に行きましょう。
そして、検査を行ってくださいね。

そのまま何もせずにいると大変ですよ。
そんなことをしては症状が悪化してしまいます。

そうなると、長期間の治療が必要になりますよ。

スポンサーリンク

では、逆流性食道炎の場合、どのような検査を行うのでしょう?

逆流性食道炎の検査は、これらです。

・問診
・胃カメラ
・組織の検査
・PPIテスト

まず、必ず行うのがコレです。
そう、問診です。

問診では、医師にどれだけ分かりやすくあなたの症状を伝えましょう。
これが重要になります。

例え逆流性食道炎が原因か分からないという場合でも、気になる点があるのであれば、どんどんお医者さんに遠慮せずに伝えてください(^^)

次は、胃カメラを使用します。
これで、胃の中をチェックするケースもあるそうです。

症状が酷い場合には、びらんや潰瘍が….(T_T)
このようなものが見られるでしょう。

あとは逆流性食道炎なのか、他の病気なのかを判断するために、組織の検査を行うケースもありますよ。
それに、酸分泌抑制薬による検査、PPIテストが行われることもあるそうです。

もし、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を使用して、症状の改善効果が現れた場合は、逆流性食道炎であるかもしれません。
その可能性が高いでしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

逆流性食道炎の治療法とは?

逆流性食道炎の際に行われる治療法は、このようなものです。

・生活習慣の見直し
・薬物療法
・手術

逆流性食道炎を治すのにまず大事なことは、生活習慣の見直しですね。
それは、逆流性食道炎は生活習慣の乱れによって引き起こされることが多いからです。

なので、まずは普段の生活を見直す必要があるのです。

食事メニューや食事の取り方などを改善しましょう。
そうすることで、症状を軽減させることができますよ。

逆に、生活習慣を見直さない限り、治ってもまた再発する可能性があります。
この点は、ご注意くださいね。

生活習慣の見直しと一緒に行われることがあります。
それが、薬物療法です。

逆流性食道炎の治療薬を服用するのです。
そうすることで、辛い症状を軽減できますよ。

ただ、服用を止めてしまうと再発する恐れがあります。
なので、場合によっては長期間飲み続ける必要がありますよ。

そして、何度も再発を繰り返したり、あまりにも症状が酷い場合は…..(T_T)
最悪、手術をすることもあるでしょうね。

一般的には、生活習慣の見直しと薬物療法によって回復することが多いようです。
ですから、手術をするのは稀だと思っておいて間違いありません。

手術を避けるためにも、早めに病院で治療しましょうね。
それが何よりも重要ですよ(^^)

スポンサーリンク