逆流性食道炎ってどんな症状が出る?

逆流性食道炎とはどんな症状が出るのでしょうか?
それは、胃液が食道に逆流してしまう症状のことなんです(T_T)

この逆流性食道炎は増加傾向にあるそうですよ。
なので、あなたも注意しないといけませんよね。

では、逆流性食道炎になると、どのような症状が現われるのでしょう?

スポンサーリンク

逆流性食道炎の症状は、これらです。

・胸焼け
・呑酸
・胃が重い
・食欲低下
・口の中が酸っぱくなる
・喉の圧迫感
・のどのつかえ
・食後に気持ち悪くなる
・食事の途中で満腹になる
・ゲップがよく出る

逆流性食道炎になると、このような症状が体に現われます。
もし、これらの症状が現れた場合は逆流性食道炎の可能性が….(T_T)

もしこのような症状があるのなら、早めに病院に行くようにしてくださいね。

逆流性食道炎をそのまま放置してしまうと大変です。
そんなことをしては症状が悪化してしまいます。

こうなると、日常生活に支障をきたすことがありますよ。

また、そうなってしまうと治りも遅くなります(T_T)
だから、早めに治療を始めるようにすることが大切なんです。

それに、逆流性食道炎だと思っていたら違う病気だったということも….^^;
ですから、きちんと検査を受けるようにしましょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

逆流性食道炎の原因とは?

逆流性食道炎の原因は、この通りです。

・食生活の乱れ
・加齢
・肥満
・薬の副作用
・姿勢

逆流性食道炎の原因として最も多いのがコレです。
そう、食生活の乱れです。

脂肪の多い食べ物を過度に食べると胃酸が増えます。
これで、胃液が逆流する可能性が高くなりますよ。

それは、タンパク質の多い食べ物をたくさん食べると消化に時間がかかってしまうからです。
そのため、胃液が逆流する危険があるですよ(^^)

また、年齢を重ねると下部食道括約筋や蠕動運動の働きが悪くなります。
なので、胃液が逆流しても戻すことができなくなります。

肥満により、腹圧が上がってしまうことも、胃液が逆流しやすくなります。
これも逆流性食道炎の原因の1つです。

あとは、薬の副作用によっても、逆流性食道炎を起こすことも…..(T_T)
この可能性もあります。

特に、喘息や心臓などの疾患に使用する薬は要注意です。
このような薬は、下部食道括約筋を緩める作用があります。
なので、逆流性食道炎を起こすことが多いですよ。

あと、背中が曲がってしまうと逆流性食道炎になります。
それは、胃の中の圧力が高くなってしまい、胃酸が逆流しやすくなるからです。

このように、原因はいくつもあります。
ですから、あなた自身が該当するものがないか確認してくださいね(^^)

スポンサーリンク