今回は胸の筋トレをご紹介していきます。
あなたはこの胸の筋トレのやり方をご存知ですか??
知らなかったらこれで覚えてくださいね。

これも3つ紹介していきます。
その3つの胸の筋トレがこれです↓

・腕立て伏せ
・手合わせ
・ダンベルフライ

スポンサーリンク

まあこの三つが胸の筋トレで有名ですよ^^;

腕立て伏せは、以前もこのブログで紹介しましたよね。
もうあなたもご存知でしょうがこの腕立て伏せは腕だけを鍛えるのではありません。

なんと大胸筋も鍛えられるのです。
なのでもう一度復習を兼ねてご紹介していきます。

まず、肩幅より少し広めに両手を床に付け、足を伸ばしましょう。
そして、肘を外側に曲げるようにして、上体を落とします。

ここで注意点です。
腕立て伏せをするとき、両手の間隔が、肩幅よりも狭い人がいます。
ですが、これでは大胸筋を鍛えることができませんよ。

では両手の間隔が広いほどいいのかというそのとおりなのです。
両手の間隔が広いほど大胸筋への刺激が強くなり、より鍛えることが可能です。

スポンサーリンク

続いて、手合わせです。
まるで試合でも始まるのかと思われるかもしれませんが違います。
これはとっても簡単な筋トレなのです。

ではやり方をご紹介。

まっすぐ立ち、両手のひらを胸の前で合わせて合掌のポーズを取ります。
この状態で、両手を押し合わせるようにして力を入れるだけです。

ね、簡単でしょう。
これだけ筋トレですので暇なときに手軽に行うことができます。

続いては、ダンベルフライです。
これは道具が必要です。
その道具とは、ダンベルとベンチです。

まずは、ダンベルを両手に持ちましょう。
そして、ベンチに仰向けになります。

この状態でダンベルを持った両手を上へ伸ばします。
そして、ゆっくりと左右に両手を広げて肘を曲げていきます。

ダンベルを持った手を下ろしていき、また手を上へ伸ばしていくというものです。

最後のダンベルフライは道具が必要ですが最初の2つは道具もいらないので
まずはこちらから手軽に胸を鍛えるのが良いかと思います。

物足りなくなったらダンベルとベンチを購入しましょう。

スポンサーリンク