アロマが更年期障害にいいって本当なの?

更年期障害を改善するのにアロマが有効だそうです。
しかしこの話、本当なのでしょうか?

その答えはある程度の症状の緩和は可能だということです。
アロマを用いることで、ホルモンバランスを整えたりできます。
また、気分をリラックスさせることも可能です。

このため、更年期障害の症状が緩和することも少なくありません。
ただし、アロマで更年期障害の治療できる訳ではありません。

スポンサーリンク

アロマでは、あくまでも更年期障害の症状を緩和させることが目的となります。
そのため、アロマを取り入れたからといって、更年期障害自体が改善する訳ではありません。
その点は、間違わないようにしましょうね。

更年期障害に効果があるアロマは、これらです。

・クラリセージ
・ネロリ
・ゼラニウム

クラリセージには女性ホルモンの分泌を促進する作用があります。
クラリセージは、更年期障害の症状を効果的に緩和できますよ。

ネロリには睡眠を促したりします。
また、気持ちを安定させる作用が期待できるでしょう(^^)

そして、ゼラニウムには更年期障害によって生まれた不安な気持ちを軽減する効果があるそうですよ。

これらのアロマは、更年期障害の症状を緩和させるためによく使用されています。
ですので、あなたも試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

更年期障害と薄毛って関係ある?

更年期障害と薄毛には、深い関係があるそうです。
あなたはこのことをご存知でしたでしょうか?

その理由は更年期障害になると女性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。
そうなると、男性ホルモンの割合が多くなります。

男性ホルモンには薄毛を促す作用があります。
その結果、更年期障害になると薄毛になりやすい傾向がありますよ。

では、どうすれば更年期障害による薄毛を予防・改善できるのでしょう?
それには、女性ホルモンの分泌を促すということと男性ホルモンの分泌を抑えるということです。
これが予防・改善するのに大事なことなんです。

女性ホルモンの分泌を促すのに効果があるといわれているものがあります。
それが、大豆製品です。

納豆や豆乳、豆腐といった大豆製品には、イソフラボンと呼ばれる女性ホルモンの一種「エストロゲン」と同じような働きを持つ成分が含まれているそうです。

そのため、大豆製品を食べることで、女性ホルモンの分泌をアップしますよ。
それに、不規則な生活をしていると男性ホルモンの分泌が多くなります。

なので、規則正しい生活習慣を意識するようにしてくださいね。

スポンサーリンク