高血圧にいい温泉ってある?

高血圧にいい温泉というのがあります。
それはどういった温泉なのかあなたはわかりますか??

高血圧にいいといわれているのは、このような泉質の温泉なんですよ。

・二酸化炭素泉
・硫酸塩泉
・硫黄泉
・放射能泉

まずは二酸化炭素泉です。
この二酸化炭素泉とは、二酸化炭素を含んでいる温度が低い温泉のことを指します。

炭酸ガスの効果で血管を拡張します。
これにより、血液の流れを良くなるのです。

硫酸塩泉というのは、硫酸塩を多く含む温泉のことです。
これは、高血圧はもちろん、動脈硬化や糖尿病といった病気にも効果がありますよ(^^)

硫黄泉は、卵が腐ったような硫黄独特の臭いがする温泉なんです。
これは、高血圧や動脈硬化の改善が期待できま。

それに、ラジウムやラドンといった成分が含まれている放射能泉高血圧にはありです。

これらの温泉には高血圧を改善できる効果があるといわれています。
ですが、これらの温泉に入浴したからといって必ずしも血圧が安定するわけではありません(T_T)

効果には個人差があります。
なので、血圧が安定する人もいれば、目立った効果が現われない人も….。
>

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高血圧と塩って関係ない?

高血圧と塩には、深い関係があるんです。
あなたはご存知でしたか??

それは塩をたくさん摂取してしまうと、高血圧を発症させてしまったりします。
また、症状を悪化させてしまうことでしょうね。

だからこそ、高血圧の予防・改善には、減塩が大切なんです。

では、どうして塩を多く摂取すると高血圧が悪化するのでしょうか?

それは、塩には血液量を増やす作用があるからだとされています。
そのため、塩を大量に摂取すると血液量を大幅に増やしてしまいます。

これがいけません。
これで血圧が上がります。

塩は生きるために大切なものです。
ですが、過剰に摂取すると体に非常に悪いのです(T_T)

しかし、ほとんどの人が1日の必要摂取量を超えているそうです。
これが今の現状です。

特に日本人は、世界的に見ても塩分を多く摂取しています。
その量は、1日約10g摂取しているといわれているそうです。

これを1日約6gに減塩することによって、高血圧を予防することが可能です。
できるので、今からでも減塩生活を始めてください。

まずは、味噌汁を少し薄くしたりしましょう。
また、醤油の使用回数や量を減らしたりといった簡単なことからチャレンジされることをオススメします。

スポンサーリンク