高血圧を予防するにはどうしたらいい?

高血圧を予防するにはどのようなことが有効なのでしょう??
それは、このようなことが効果がありますよ(^^)

・食生活の見直し
・適度な運動
・ストレス解消
・禁煙、節酒

食生活が乱れていると高血圧を引き起こしやすいです。
なので、普段の食事を見直しましょう。

塩分や脂肪分を控えてください。
そして、栄養バランスの良い食事をとるようにしましょうね。

それに、野菜を積極的に食べてください。
これも重要です。

また、体を動かすことによって血圧を安定させることが可能です。
ですからできるだけ、常日頃から適度な運動をしましょう(^^)

ただし、いきなり激しい運動をすると体に負担がかかります。
そうなると危険です。

運動は、ウォーキングなどの軽いものから始めましょう。
それから、ストレスが溜まると血圧が高くなってしまいます。

なので、リラックスできる時間を設けることをオススメします。

とはいえ、いくらストレス解消のためでも、タバコやお酒は高血圧の原因になっちゃいます。
なので、なるべく禁煙・節酒をしましょう。

適度なアルコールであれば血液の流れを良くする作用があります。
ですが、タバコには害しかありません。

高血圧を予防したいのなら、できることなら禁煙しましょうね。

スポンサーリンク

こういったことを意識することによって、高血圧を予防が可能なんです。

スポンサーリンク

高血圧って遺伝する?

高血圧は遺伝するといわれています。
この話は実際の所はどうなのでしょうか??

結論からいうと、遺伝する可能性はありますよ。

例えば、両親共に高血圧の場合はどうでしょう。
それは、50パーセントくらいの確率で遺伝すると言われています。

また、片親が高血圧の場合には、30パーセント前後の確率で遺伝するそうです。

ただ、これはあくまでも体質が遺伝するだけです。
なので、両親が高血圧だからといって、子供も絶対に高血圧になる訳ではありません。

遺伝よりも注意したいものがあります。
それは、生活習慣です。

親子は同じ空間で生活することが多いですよね。
そのため、大抵の場合、似たような生活習慣をおくっています。

塩分の多い食べ物を好む両親であれば、子供も好んで食べます。
また、両親があまり運動しないと、子供も運動しません。
このような傾向があります。

そのため、遺伝によって高血圧になるというよりも、両親から受け継いだ良くない生活習慣のせいで高血圧になる
といっても過言ではありません。

もし、自分が高血圧で、子供に遺伝しないか心配という場合は、子供の生活習慣に気を遣う必要があります。
そうすれば、子供が高血圧を発症するリスクが低くなりますよ(^^)

スポンサーリンク