多汗症手術をすると後遺症が残る場合があります。
そのことは十分理解しておいてくださいね
その上で手術をうけましょう。

ここでは多汗症手術の後遺症をみていきます。
まずは手掌多汗症の治療に有効な腔鏡下胸部交感神経遮断術(ETS)です。
この場合は、代償性発汗が発生するかもしれません(T_T)

この代償性発汗とは、手術で手からの汗を抑制することができたとします。
ですがその代わりに、体の他の部位から大量の汗が出てしまうことなのです。

スポンサーリンク

この代償性発汗が見られない人もいますが、腔鏡下胸部交感神経遮断術を受けた方の9割以上はこの症状が発生するそうです。
ただこの代償性発汗が見られない人もいます。

ただ、腔鏡下胸部交感神経遮断術を受ける際は、代償性発汗が発生するかもしれないという覚悟は必要でしょうね。
また、体に熱がこもったりもします。
顔にほてりを感じる場合もあります。

スポンサーリンク

これが腔鏡下胸部交感神経遮断術の後遺症ですね。

あと足蹠多汗症の治療に有効な腰部交感神経節ブロックの場合を説明します。
この腰部交感神経節ブロックには、代償性発汗と射精障害が起きる可能性があるそうです。
そのことは十分理解しておいてください。

また腋窩多汗症の治療に有効な剪除法の場合にも後遺症があります。
それは

ワキが色素沈着を起こしたりします。
また傷跡が目立ってしまうことがあります。

メスを使用しないボトックス注射は安心でしょうか?
実は人によっては腕の倦怠感や不快感などを感じることもあるようです。

メスを使わないので、あまり副作用の心配がないといわれていますがこのような副作用もあるので
十分覚悟して手術に望まれてください。

スポンサーリンク