ひざの痛みが徐々にひいてきた場合は、運動療法がオススメです。
この運動療法とは、ひざ周辺の筋肉を鍛えます。
それでひざ痛を改善させる治療法なのです。

ではこの療法にはどのようなものなのでしょうか?
それは3つに大きく分けられます。

・筋力トレーニング
・ストレッチ
・有酸素運動

スポンサーリンク

まずは筋力トレーニングです。
これを行うことで、ひざ周辺の筋力を強化します。
それで痛みをやわらげるのです(^^)

ただし注意も必要です。

それはトレーニングにはある程度強い負荷が加わります。
ですから痛みが残っている状態で行うと大変です。
そんな状態だと逆効果になってしまいます。

スポンサーリンク

そのため、痛みを感じることが少なくなってきた時に筋力トレーニングを行いましょう。
くれぐれも痛みがあるときはやめてくださいね。

またストレッチを行うことで、ひざの血液の流れを良くします。
こうすることで痛みを和らげられます(^^)

またストレッチにはこのようなメリットがあります。
それはひざの可動域を広げることが可能ということです。

最後は有酸素運動です。
有酸素運動をすることで、ひざ周辺の筋力を強化できますま。
それで血液の流れを促進させます。

これでひざ痛ができるのです。
有酸素運動の中でもウォーキングがオススメです。
何故ならウォーキングだとひざに負担がかからないからです。

ウォーキングは長時間行う必要はありません。
大体1日30分程度を目安にウォーキングしましょう。

それだけで十分ですよ(^^)

スポンサーリンク