ヘルニアにはどんな痛み止めが処方されるの?

ヘルニアで処方される痛み止めはこれらです。

・ミオナール
・ロルカム
・ボルタレンサポ
・筋弛緩薬
・湿布薬

それぞれ見て行きましょう。
ミオナールは、腰や足の痛みを軽減させる効果や血流を促進させます。
このような効果がミオナールにはあります。

スポンサーリンク

ロルカムには、筋肉の腫れや熱を改善してくれます。
それで、痛みを軽減させる働きが期待できるますよ(^^)

ボルタレンサポは、腰の痛みや炎症、腫れなどを改善しますよ。

痛みがとても酷い時には、筋肉の緊張を緩和させる作用がある筋弛緩薬です。
これを服用して痛みを和らげることもあるそうです。

メトカルバモールやカリソプロドール、ジアゼパムといった薬です。
これらが筋弛緩薬に該当します。

また、これらの内服薬以外に、痛みを抑えるために湿布薬ですね。
これが処方されることもありますよ。

一般的に、ヘルニアの痛みを止めたり、症状を緩和するためには、以上の薬が処方されます。
どの痛み止めが処方されるのかは、医師や症状によって違ってきますよ。

でも、体質的に合わなくて副作用が強く出てしまったりもします。
また、あまり感じられない時には、処方する薬を変えてもらう必要があります。

自己判断で薬の服用を中止したりしないでください。
ちゃんと、必ず医師に相談するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヘルニアを再発させないためにはどうしたらいい?

ヘルニアは治ったと思っても再発する可能性があります。
なので、注意しないといけませんよ。

では、どのようなことに注意すれば再発を防止可能なのでしょうか?

ヘルニアの再発防止で注意したいポイントは、これらです。

・姿勢
・動作
・筋力強化
・ストレッチ
・肥満

まず、再発を防止するには、姿勢です。
姿勢に気をつける必要がありますよ。

長時間の同じ姿勢は再発のリスクを高めてしまいます。
なので、適度に休憩を入れたりしましょう。

また、筋肉をほぐす運動をしましょうね。

また、猫背だとヘルニアが再発する可能性がありますよ
そのため、背筋を真っ直ぐにして生活をしてくださいね。

それに、物を持ち上げる時に再発するケースが多いようです。
なので、腰を一旦落としてから持つようにすることも大切なのです。

そして、重たい物を持つ場合は、無理をせずにカートを使用しましょうね。

腹筋や背筋を鍛えることで再発を防止することが可能です。
ですが、過度な筋トレは悪化させてしまいます(T_T)

筋トレは、適度に行うようにしましょう。

さらに、ストレッチをすると筋肉や関節の凝りをほぐすことができますよ。
ストレッチで、再発防止に繋がります。

それから、肥満体型だと体への負担が大きいです。
そのため、再発する可能性が高くなります。

太りすぎの場合にはダイエットしてくださいね。

スポンサーリンク