発声練習をすればあがり症が治るといわれています。
この話は事実なのでしょうか??

それは改善するかもしれないというのが現状です。
何故なら完治できるかどうかは人それぞれだからです。

ただあがり症には言葉が聞き取りにくいという症状があります。
これは滑舌が緊張することにより悪くなることが原因です。

ですから発声練習をすることは無駄ではありません。
むしろ効果があるといっていいでしょうね。

完全に治るかどうかは人によって異なりますが、改善する可能性はあるでしょう。

あがり症の症状の一つに、言葉の聞き取りにくさというのがあります。

それではここではどのような発声練習をすればいいのか紹介します。
それはこのようなものです。

スポンサーリンク

・同じ音を何度も発音する
・早口言葉
・一音一音意識して発声する

例をあげましょう。
まずは「カカカカカ」や「サササササ」といったように同じ音を何度も発音しましょう。
こうすることによって滑舌の悪さをなんとか克服することができます。

同じ音を何度も繰り返すと自分がどの音が苦手なのなかもわかります。
その音を重点的に繰り返しまょう。

また早口言葉も有効だといわれています。

思いつく早口言葉は
「隣の客はよく柿食う客だ」、
「蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ」、
「生麦生米生卵」

このようなものです。
こういった言葉を繰り返して練習してください。

これも滑舌の悪さの克服に効果的ですよ(^^)
ぜひお試しください。

スポンサーリンク