糖尿病の合併症で有名なものとは?

糖尿病になると、合併症を引き起こすこともあります。
その可能性があるのですよ。

その合併症で命を落とす危険もあります。
なので、早めに治療する必要があるのですよ。

糖尿病の合併症で有名なものは、この3つです。

スポンサーリンク

・糖尿病神経障害
・糖尿病網膜症
・糖尿病性腎症

まずは糖尿病神経障害です。
この糖尿病神経障害は、合併症の中でも最も早く現われるのです。

神経に障害が出てしまいます。
それで、手足がしびれたり、感覚が鈍くなるでしょう。

それに、立ちくらみや発汗異常などもあります。
このように自律神経に関する障害も現われますよ。

次は糖尿病網膜症です。
この糖尿病網膜症とは、糖尿病のせいで網膜の血管の流れが悪くなります。
そのせいで、視力が低下したりします。
またあるいは、白内障になってしまうことなのですよ。

最悪の場合、失明する可能性もあります。
なので、気をつけないといけませんね。

最後は糖尿病性腎症です。
糖尿病性腎症は、腎臓の働きが悪くなってしまいます。
それで、自分で尿を作ることができない状態なのです。

重度になってしまうと、人工透析によって機械で尿を作らないといけません。
そうしないと生活することができません。

一週間に数回病院に行って人工透析を受ける必要があります。
こうなると、日常生活に大きな支障をきたします。

スポンサーリンク

これらの危険な合併症を発症させないためにも、糖尿病を早期に治療しましょう。
そうして、血糖値をきちんとコントロールするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

糖尿病って完治する?

糖尿病の治療を行った場合、完治は期待出来るのでしょうか?

結論からいうと、残念ながら完治はしません(T_T)

一度、糖尿病になってしまったらもう一生付き合っていくしかないのです。
残念ながらこれが現実です。

ただ、完治はできませんが、普通の人と同じような生活を送ることは可能ですよ(^^)

特に、初期状態で治療を行うことができれば、生活習慣を改善するだけでいいのです。
こうすることで元の生活に戻ることができるでしょう。

ただ、油断すると症状が悪化します。
そうなる可能性が高いのです。

だから、糖尿病になった場合は、ずっと規則正しい生活習慣を続けなくてはいけませんよ。

そのため、普通の人と同じような生活ができるといっても、食事メニューは異なります。
また、運動も続けないといけないのです。

また、症状が重い場合は、ずっと薬を服用し続けなければいけません。
症状が重い場合はそうする必要があります。

生活習慣を改善しても症状が軽減しない場合、薬物療法を行うしかないのです(T_T)

しかし、薬はあくまでも症状を抑えることを目的としたものです。
薬物療法で使用される薬は、治療薬ではありません。

飲まないと血糖値が上がってしまいます。
そのため、飲むのを中止するのは難しくなりますよ(T_T)

スポンサーリンク