遺伝が原因で難聴になる?

難聴になる原因は様々なあります。
原因には遺伝も含まれているんですよ。

そして、遺伝が原因で難聴になることをこういいまます。
それは、先天性難聴というのです。

この先天性難聴は、1000分の1の確率で起こるそうですよ。
まあ、確率からすると非常に高いともいえます。

以前は、音を聞いても反応がなかったり、言葉をなかなか覚えないというのがきっかけで病院に行くと先天性難聴と診断されるケースが多かったそうです。

ただ、近年では生まれてすぐに分かることが多いみたいです。
両親のどちらかが難聴という場合は、子供も難聴になる可能性があります。

このことは、理解しておくことが大切ですよ。

ただ、両親が難聴だからといって、必ずしも難聴になる訳てはありませんよ。
あくまでも確率の問題なのです。

なので、両親が難聴だからといっても子供が難聴にならない可能性だってあります。
また、両親が難聴ではないのに、子供が難聴になるというケースも….

こういったケースも少なくないのです。

いずれにしても、子供が生まれつき難聴という場合は、早めに適切な治療をしましょうね。。

一般的に、治療を行う際は補聴器や人工内耳を用います。

スポンサーリンク

難聴の治療法とは?

難聴になった場合、どのような治療を行うのでしょう。
あなたはご存知ですか?

スポンサーリンク

難聴の治療では、主にこの3つが行われます。

・薬物療法
・手術
・心のケア

まず、難聴になった場合は薬物療法から始まります。
こう思って置いて間違いありません。

難聴に効果がある薬を服用して治療を行います。
ただし、薬によって様々な副作用があります。

主な副作用は、こういったものです。
カルシウム不足、感染症リスクの上昇、食欲不振、不眠、頭痛ですね。

薬物療法を行う際には、薬の副作用を十分に理解しましょう。
その上で薬を飲むようにしてくださいね。

難聴の症状が酷い場合は、手術を行うこともあります。

ただ、手術しても絶対に治るという訳ではありません。
手術を行っても症状が改善しないこともあります。

ですから、事前に医師とよく相談しましょうね。

ストレス性の難聴の場合、そのストレスを解消しなければいけません。

難聴の原因がストレスだと耳鼻科で十分な治療を行っても治らないこともあります。
その場合には、心療内科などに通う必要があります。

こういったケースも少なくありません。

また、家族のバックアップも必要不可欠となります。

難聴になると一般的にこのような治療を行います。
ですが、完治させるのは非常に難しいようです。

しかし、早めに治療を行うことで、症状を悪化はしません。
これが早期治療のメリットですよ。

スポンサーリンク