抜毛症は、別名こういいます。
「トリコチロマニア」と呼ばれています。

これは、自分で自分の髪を抜いてしまう病気のことです。
これは、利き手で頭頂部や前頭部の毛を抜いてしまうという症状です

ただ、この症状は人によっては、無意識に行っている場合もあります(T_T)

スポンサーリンク

まあ、当然のことながら原因があります。
その発症原因とは、コレです。

精神的ストレスです。
毎日過度なストレスを受けていたりしている人になりやすいです。
または、欲求不満の状態が続くことによっても引き起こされます。

この抜毛症は、主に小さな子供に見られる病気です。
ですが大人に見られないわけではありません。

スポンサーリンク

成人の方でも発症することがあります。
大人だと、特に女性の割合が多いそうです。

子供の場合は、学校でのいじめや家庭内で受けるストレスでしょう。
その他にも、両親や兄弟の死によるショックなどで発症するケースが多いと言われています。

抜毛症を改善するには、当たり前ですがストレスをどうにかしなければいけません。
ストレスが症状を引き起こしているのでストレスを取り除く必要るのです。

そのため、カウンセリングなどを受けることをオススメします。
それで、少しずつストレスを和らげられると思います。

ただ、症状が治まっても、また再発することも….(T_T)
それは、ストレスを取り除くことができても、クセとして残ってしまう場合もあるからです。

なかなか厄介な症状です(T_T)

スポンサーリンク