離婚する9割の夫婦は、離婚を協議離婚によってしているそうですよ。
あなたはご存知でしたか??

ではこの協議離婚とはどういったものなのでしょう。
それは夫婦が離婚について話し合います。
その上で離婚する方法を協議離婚といいます。

この協議離婚では民法の離婚理由に該当しなくても大丈夫です。
民法の離婚理由に該当しなくてもこの方法なら離婚可能です。

スポンサーリンク

協議離婚は話し合いで解決します。
そのため、裁判をするよりもすっと早く離婚を成立させることが可能ですよ。

また、協議離婚は裁判を行いません。
そのため、費用が必要ありません。
これらなお財布にも優してでよね。

だって離婚するために、役場に離婚届を提出するだけですから(^^)
これならどんなに忙しい方でも手間もかかりませんよ。

スポンサーリンク

ただ、協議離婚をする場合には必要なものがあります。
それは、離婚協議書を作成するということです。

この離婚協議書を作成するのは離婚後のトラブルを防ぐことを目的です。
様々な取り決めを書面に残すことでトラブルを未然に防ぎます。

主な取り決めは、コレです。

・子どもの親権
・養育費の金額
・慰謝料の金額
・財産分与の金額

これらの取り決めをしっかりと書面に残します。

これにより、離婚後のトラブルを防げるはずです。
ただし、注意も必要です。

それは離婚協議書には法的効力がありません。
ですから、できたら公正証書を作成しましょう。

そのほうが後々トラブルになっても有利です。
それは公正証書を作成することで、その取り決めが法的な執行力を持つからです。

協議離婚するのなら、このことは覚えておいたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク