大学受験の国語の勉強のコツはコレです。

・感情的に考えずに論理的に答えを導く
・現代文は設問に目を通すクセをつける
・漢字の勉強を疎かにしない
・古文を得意科目にする

よく「作者の気持ちになれば分かる」といわれます。
ですが、実際には分からなくても問題ないんですよ(^^)

スポンサーリンク

逆に、感情的になって考えてしまうといけません。
そうすると答えを間違えてしまう可能性があります。

なので、論理的に答えを導くような勉強法を身につることを心がけましょう。

また、現代文を解く場合、設問を読む必要はないという意見もあります。
ですが、要点を理解するためにも軽く目を通すことをオススメします。

スポンサーリンク

設問を先に読むクセをつけましょう。
そうすることによって、答えを導きやすくなりますよ。

それに、国語の勉強で漢字を疎かにしてしまうことが多いです。
ですが、これはいけません。
これは非常にもったいないですよ。

漢字は覚えるだけで点数を取れる問題です。
だからこそ、しっかりと勉強することをオススメします。

そして、古文です。
古文は本気でマスターしようと思えば、それほど時間がかかりませんよ。
何故なら文法と単語さえ知っていれば、確実に点数を取れます。
ですから、古文を得意科目にましょう。

これで大幅な点数アップが可能ですよ(^^)

スポンサーリンク