素振りは、一見意味がないように思えますよね。
ですが実際は、そんなことはありませんよ。

素振りは体にフォームを覚えさせる非常に大切な練習なのです。
ですから、これを疎かにしては上達は不可能といえます。

素振りは地味な練習です。
ですが、毎日しっかりと行うようにしましょうね。

素振りをする時のポイントは、コレです。

・力を抜く
・フォームチェックをしながら行う
・試合を想定する
・上手い人の動きを参考にする

まず、素振りをする時は、余計な力を入れてはいけません。
素振りをするときは力を抜いて行いましょう。

余計な力が入ると、何故いけないのか。
それは、実際にボールを打った時にコントロールが効かなくなるからです。

また、素振りはやれば良いというものではありません。
素振りを行なう時は、フォームチェックをしながら行いましょう。

これはとても大切です。

回数をこなすことを重視するとコレが問題になります。
そう、フォームが雑になってしまうのです。

ですから、素振りは回数よりもフォームを意識しましょう。

それに、漠然と素振り行うのではなく、試合を想定しながら素振りを行いましょう。
これも重要なことなんですです。

そして、上手い人の動きを参考にすることもオススメです。
こうすることであなたの上達スピードが格段に早くなりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サーブが上手くなるコツは?

硬式テニスで、サーブが上手く入らないという人も多いでしょう。
それにサーブが入らないとなかなか試合に勝てません。

ですから、サーブは念入りに練習しましょうね。

また、サーブはちょっとしたコツを理解することで、サーブの精度が大きく変わるんですよ。

サーブが上手くなるコツは、コレです。

・トスの上げ方に注意する
・真っ直ぐに腕を振り下ろす
・体全体を使う
・イメージトレーニングを行う
・ひたすら練習する

まず、トスの上げ方です。
これは、ラケットの最高到達点まで真っ直ぐに上げるのです。
ここがポイントです。

そうすると、綺麗なサーブをあなたは打つことができますよ。

それに、真っ直ぐに腕を振り下ろすことも大切なんです。
この時に腕だけで打とうとしてはいけません。

そうではなく、体全体を使うようなイメージで打ちましょう(^^)

また、サーブが成功するイメージトレーニングを行うのもいいでしょう。
これも、非常に重要なことですよ。

こういったことを意識しましょう。
そうすれば、サーブの上達が早くなりますよ。

後は、ひたすら何度も何度も練習することです。
そうすることによって、サーブの感覚をあなたは掴むことができるでしょう。

サーブが上手くなれば自分のペースで試合を運べるようになります。
ですから、勝ちたいならとにかく練習あるのみ。

これが最大の秘訣です(^^)

スポンサーリンク